【BMW 1シリーズ】ヨーロッパで評価される理由

日本で人気の車は低燃費車である軽自動車やコンパクトカー、地球環境に優しいハイブリッドカーや電気自動車、家族がたくさん乗ることができるミニバンと言われています。一方ヨーロッパで人気なのはやはりコンパクトで機能性が高い車でしょう。BMWの1シリーズやMINIなどが当てはまります。本コラムでは、その中でもBMW 1シリーズについてヨーロッパ評価をご紹介します。

BMW 1シリーズとは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2017/design.html

ヨーロッパで人気の車は機能性が高い車で、未だにマニュアル車が人気だといわれています。自分で車を操作する楽しさを知っている人は、マニュアル車を好む傾向がありますが、日本ではオートマチック車の方が圧倒的にシェア率が多いです。ヨーロッパでは必要以上に大きい車は好まれない傾向にあり、BMWの1シリーズのような機能性と実用性を兼ね備えた車種は高く評価されています。BMWの1シリーズはセダンよりも全長が短く、小回りがきくので狭い街並みも快適に走り抜けることができます。全長が短いので操作性は高く、女性でも簡単に乗りこなすことができます。後部座席は大人が二人乗れるスペースがあり、トランクにはゴルフバッグを積み込むことが出来る広さがあります。車内はセダンのような快適な乗り心地で、排気量が大きくなると加速力も増していきます。上位グレードになると軽くアクセルを踏み込むだけで加速していくので、高速道路での合流や急勾配な坂道でも楽に加速していくことができます。ストレスを感じることなくドライブを楽しむことができる貴重な車種です。

思いのままに操ることが出来る

絶妙なステアリング設定

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2017/driving-dynamics-efficiency.html

BMWの1シリーズは絶妙なステアリング設定が高く評価されています。ハンドルには遊びというものがあり、この遊びがないと車の運転は難しくなります。BMWの1シリーズはこの遊びの設定が絶妙で、運転していてストレスを感じることがないです。コーナリングではどのくらいハンドルを切ればスムーズに曲がることが出来るのかというのがすぐに分かり、路面にタイヤが吸い付いているように安定した走りを見せてくれます。国産車の同クラスの車種よりもステアリングは重めで、よりスポーティな感覚を覚えます。こういったところが高く評価されていて、BMWは駆け抜ける喜びがあると言われているのです。

1シリーズは輸入車入門にもお勧め

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2017/driving-dynamics-efficiency.html

輸入車が好きで、一度は乗ってみたいと考えている人がいるのであれば、入門編として1シリーズをお勧めします。1シリーズは誰でも簡単に運転することが出来る車で、使い勝手の良さも評価されています。小回りがきくので街乗りに向いていますし、日々の買出しにもピッタリの車種です。輸入車のコンパクトサイズでは燃費は良いほうなので、経済的にもメリットがある車です。維持費もそこまで掛かりませんし、毎年支払う必要がある自動車税も1.5Lクラスの金額で済みます。1.5Lクラスだとパワー不足を感じることもありますが、低速でのトルクは十分にあるため、高回転の伸びが欲しい人でない限りはまったく問題ないです。

BMWユーザーの評価も上々

走りとステータスを両立するBMW

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/1-series/5-door/2017/images-videos.html

人によって車に求めるものは違います。安全性能が第一と考えるのであれば、衝突時に安全性が高い車種を選ぶ傾向があり、走行性能が高い車が欲しいのであればスーパーカーやスポーツカーなどを購入する人が多いです。車にステータスを求めるという人は世界的に価値が高く、評価が高い車種を選ぶ傾向があります。BMWは高い走行性能とステータスを両立している歴史と伝統がある自動車メーカーです。BMWは世界中に多くのユーザーを抱えていて、ファンが多いメーカーでもあります。世界的に評価が高いBMWにはステータスという付加価値があり、所有することで満足感を得ることができます。

BMW1シリーズの中古車市場

引用元:http://www.cartop.co.jp/cardetail.html?k=4446

BMW1シリーズの新車価格はグレードやオプションによってかなり変動しますが、大体320万~630万円程度で購入することが出来ます。一方中古車になると価格はかなり下がり、上位グレードになると3年から5年で半額程度になる場合も珍しくありません。中古でもまったく気にしないという人は新車販売から3年から5年ほど経過した車両を狙うと良いでしょう。中古の場合はアフターサービスを受けられないと心配している人もいるかもしれませんが、ディーラー系列の販売店や、認定中古車を扱っているようなお店であれば、新車と同様のアフターサービスを受けることが出来ます。

BMW1シリーズのカスタム

人気のカスタムパーツ

引用元:http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-859.html

BMW1シリーズで人気のカスタムパーツはやはりLEDヘッドライトです。ヘッドライトはHIDが主流になっていますが、見た目の綺麗さで言うとLEDヘッドライトの方が上です。明るさもしっかりと保ちながら、見た目の美しさも兼ね備えています。BMW伝統のグリルカスタムも人気です。車体の色に合わせてつや消しの黒にしたり、ブラックポリッシュやメッキにしたりするのも流行しています。1シリーズの人気色は黒と白なので、黒の場合は同系の色でまとめてカスタムしていくとまとまりがある一台に仕上がります。白は様々な色との相性が良いですが、足元にあるブレーキキャリパーには赤などの色を持ってくると全体が引き締まります。

中古で手に入れるならば最上級グレードのM140i

引用元:https://www.autocar.jp/firstdrives/2016/10/17/190157/2/

BMW1シリーズは、中古で手に入れるならば最上級グレードがお買い得と言われています。なぜならば最上級グレードは値落ち幅が大きいからです。新車販売価格が600万円で、中古車価格が300万円ならば値落ち幅は300万円になります。車一台購入できてしまうほどの値落ち幅なので、購入するのであれば最上級グレードが狙い目です。排気量が大きく、加速性能も高いのでBMW本来の駆け抜ける喜びを実感することが出来ます。内装も非常に高級感があり、本皮を使用したシートなども存在します。ディーラー系列店で購入した場合は、カーナビの設定やオイル交換、タイヤ交換なども行ってくれます。

まとめ

引用元:http://dealer-blog.bmw.ne.jp/abebmw/2017/09/m140i-meets-m2-coupe/

新車で購入する場合、気になるのはリセールバリューです。リセールバリューというのは売却時の価格のことを意味しています。売却時の価格を決める要素は色々ありますが、一番はその車の需要や人気です。人気が高く、需要が多い車種は中古でもあまり値落ちしません。例えばミニバンは日本では需要が多く、新車で購入して3年、5年経過しても高く売れます。一方輸入車は中古になると価値が大きく下がってしまうので、BMW1シリーズにもそこまで期待することは出来ません。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション