「モーターファンフェスタ2018」でBMWレジェンドレーシングカーがデモ走行!

季節外れの夏のような暑さで開催されたカーイベント「モーターファンフェスタ2018」。自動車系雑誌を多く発行している「三栄書房株式会社」が富士スピードウェイで開催したイベントです。

今回のイベントプログラムの中で、BMWのモータースポーツ活動の歴史で必ず話題に上がるレーシングカー「BMW M1 ProCar」、「BMW 3.0 CSL」が登場し、富士スピードウェイを走行しました。

BMW初のスーパーカーとして輝かしい歴史を残すはずだったM1

1970年代のハコ車レースの中でもトップカテゴリーの位置づけだった「グループ4」・「グループ5」は同郷のポルシェが送り出した「934」「935」の独壇場でした(935は今回のイベントに出展)。BMWモータースポーツは、ヨーロッパ選手権用に開発された3.4L 直列6気筒エンジンとカロッツェリア名門・イタルデザインとランボルギーニの協力を得て「BMW M1」を開発しました。
しかしながら、ランボルギーニの経営不振や生産工程の複雑さから当初の目標であった「グループ4」参戦をあきらめ、F1の前座レースとしてワンメイクレース「プロカー・レース」のマシンとして表舞台に登場しました。その後、特例としてグループ4参戦が認可されましたが、直後に「グループC」規定の登場によりわずか1年足らずの参戦となってしまいました。

「モーターファンフェスタ2018」に出展された車体は、製作されてから1度もレースに参加していない「奇跡」の個体です。東京都千代田区にある高級自動車ディーラー「ビンゴスポーツ」が保管しています。「要相談」ですが、販売可能とのことです。

BMW初のCSL。「3.0 CSL」

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら