スズキランディの特色8つ!快適空間でファミリー層に人気のミニバンとは

この記事では、スズキのランディというファミリーカーに最適な一台を、利便性、燃費、機能性など様々な観点から紹介していきます。また、スズキランディはOEM車という分類の車種ですが、そもそもOEM車なんて知らないという方のためにも分かりやすく説明をしていきます。

スズキランディとは

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:SUZUKI_LANDY_SC26_2.0G_2014_Front.jpg

スズキランディは、スズキが2007年に販売を開始した、3列シート8人乗りのミニバンです。コンパクトカーの製造に長けたスズキならではの、ゆったりとした室内空間が特徴で、様々なシーンで幅広く利用できる車種となっています。日産自動車のセレナをベースにした車種であり、安全性、利便性、燃費に優れた非常に乗りやすい一台として高く評価されています。

スズキランディはセレナのOEM車

スズキランディはOEM車と呼ばれる車です。OEM車とは、メーカが手を組み、他社が開発した車を自社ブランドの車として販売しているものを指します。スズキが販売するランディは、日産自動車のセレナという車種をベースにしたOEM車です。OEMという販売方法自体は、自動車だけでなく家電や食品といった業界でも見かけることがあり、様々なメリットが生じます。

スズキランディの特色8つ

スズキランディには、様々な標準機能や、安全機能など、数多くの特色があります。ここでは、スズキランディの特色の中でも、特に目を引く8つの項目に絞って、紹介をしていきます。そのどれもが、利用者のことを第一に考えた作りになっており、細かい配慮が数多く現れています。幅広いシーンに対応することもできるので、車選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

スズキランディの特色1:初代ランディは2007年

スズキランディの初代は2007年に販売開始されました。2006年に、スズキと日産は提携関係の強化を発表し、「スズキの大きい車」というキャッチフレーズの元、その提携強化の一環として販売された車となっています。スズキが、日産セレナのOEM車であるランディを販売したことに対して、日産側はスズキアルトのOEM車ピノの販売を同日に開始しました。OEM車なので、車体の製造は初代から現行モデルまで日産の工場で行われています。

スズキランディの特色2:2020年現行ランディ

スズキランディは2007年に初代の販売を開始した後、改良を積み重ね、2020年3月に最新型の現行ランディの販売を開始しました。内装、外装の一新に始まり、様々な利便性、安全性が強化され、ファミリーからレジャーまで幅広いシーンで活躍する一台となっています。3つのグレードが展開され、駆動方式もFFとフルタイム4WDというバリエーションが提供されているので、用途にあった車選びが可能になっています。

安全性能を拡充

現行ランディは、それまでのモデルに比べて、安全装備の拡充がなされたという特徴があります。後側方の衝突防止と車両検知のシステム、車線の逸脱防止、バック時の車両検知警報といった機能が新たに導入されました。グレードによっては、後方のカメラ映像を表示するルームミラーが取り付けられていたりと、ミニバンに慣れていない方でも安全に運転することのできる、性能の高い車両となっています。

スズキランディの特色3:快適な室内空間

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら