「EQC」、「GLC F-CELL」メルセデスもEV市場にもう間もなく参戦!

2019年に市販と予想されています。価格帯はやや高めの1000万〜1200万あたりと言われています。
日本でも急速充電スタンドが高速道路、ショッピングモール、地下駐車場などで数を増やしているので、最大航続距離が500kmということは実用航続距離はおおよそ350km程度と考えると実用性は高そうです。

GLC F-CELL

こちらは、現在市販されているSUV・GLCの燃料電池版「GLC F-CELL」。

日本ではトヨタ自動車が「MIRAI」を一般向けに市販しています。燃料電池のメリットは、電気自動車と同じく排気ガスを出さない、騒音レベルが非常に少ない、モーターなので加速がスムーズな他に
・電気自動車よりも航続距離が長い
・ガソリン車と比べて2倍以上のエネルギー効率を誇る
・走行時に排出するのは水(水蒸気)だけなので、環境に優しい
・燃料となる水素は、ガスや石油やバイオマスなど様々なものから製造できる
などがあります。

しかしながら、肝心の水素を充填する「水素ステーション」がまだまだ少ないのが実状です。
「GLC F-CELL」は、そういった現在のインフラ事情を考慮し、プラグインハイブリッドを組み合わせた燃料電池車となっています。燃料電池で437km、EVモードで49km(欧州基準)走行可能とのことです。
また燃料電池車の難点として、水素を電気反応させる触媒がレアメタルのプラチナ(白金)で構成されており車両価格を引き上げてしまう要因の1つです。「GLC F-CELL」は、90%の削減を実現しています。

量産に向けてのテストも最終段階に突入しており、2019年中の発売が予定されています。
車体の基本構造は「GLC」なので、価格は800〜900万円だと予想します。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら