ワイルド・スピード全作で車を提供してきたカーショップが撮影秘話を紹介!

日本でも絶大な人気を誇るワイルド・スピード

アメリカでは2001年に公開されたワイルドスピードを見て、日本車のスポーツカー人気に火が付き、公道でレースをする人やJDMと言われる日本風に改造されるクルマが増えていきました。ワイルドスピードの中で行われたカースタントの迫力は凄く、見てる人を興奮させる内容であった事に加えて、使用されたクルマがスーパーカーのような超高級車だけではなく手ごろな値段で購入出来るスポーツカーを使用していた事がJDMなどが広がっていった大きな理由となっています。

車映画でもっとも成功を収めたシリーズと言ってもいい!

ワイルドスピードシリーズで使用されたスポーツカーは今でも人気があり、日本と比べると高額で取引されているクルマもあります。それは映画で人気が出たのが大きな理由のようです。そして今回公開されるワイルドスピードアイスバーンの内容によっては主人公のドミニクが操るダッヂのチャージャーよりも人気があるクルマが登場するかもしれません。

次作のために6ヶ月で300台製作したカーショップ

今回Mighty Car Modという番組では幸運な事に映画で使用されるクルマを改造するショップに訪れる事ができました。 そしてそのショップでディレクターをしているDennis McCarthyから8つの映画の為に300台以上ものクルマを6ヶ月という期間で製作したとのこと! 俳優が運転している姿を撮影するだけでなく、実際にスタントマンが過激な運転をするので、外見だけ整えればいいというわけではなく、中身もある程度のレベルの改造が必要だそうです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら