現行型BMW X1の評判はいかに!

BMW X1とは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/at-a-glance.html

X1シリーズはSUV車として開発されており、街中だけではなく、遠方や悪路を運転するときにも快適な走行を実現しています。ちなみにSUVはスポーツユーティリティービークルの略で、日本語で多目的スポーツ車という意味になります。アウトドアやスポーツ走行など多様な目的でも耐えうる性能を持っていることが一番の売りです。X1シリーズはBMWの中でも最もコンパクトなサイズとなっています。購入価格も他のシリーズと比べると抑えめになっていて、最も低いグレードのものが400万円以下で購入できるのは大きな魅力です。室内は広々としている上に運転席が高い位置にあるため、運転中にストレスを感じず快適にドライブを楽しむことが出来ます。

2015年のフルモデルチェンジでの評価

FRからFFへ変化し、コンパクトなサイズで室内空間を拡大

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/driving-dynamics-and-efficiency.html

現行モデルは2015年にフルモデルチェンジしました。2015年のフルモデルチェンジによって最も変化したのが駆動システムです。旧型はFRだったのが、今回のフルモデルチェンジでFF&FFベースの4輪駆動に生まれ変わりました。トランスミッションの配置場所が室内空間を犠牲にしないのがFFのメリットです。この結果、車全体のサイズは小さくなっていながら、室内空間は広くなっています。FFの恩恵を最も大きく受けているのが荷物スペースで旧タイプのものよりも60リットル以上も容量が増え、たくさんの荷物を載せることが出来るようになっています。

ガソリンとディーゼルが選択可能に

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/xdrive18d.html

旧モデルはガソリン車のみだったのですが、現行型へのフルモデルチェンジによってガソリン車とディーゼル車の2種類となり、購入する側が自由に選択できるようになりました。燃費を気にするユーザーが増える中、X1シリーズに待望のディーゼルモデルが加わったことは評価されています。また、ガソリン車でも燃費は改善されて、「sDrive18i」でリッター15.6km、「xDrive20i」で14.6km、「xDrive25i xLine」で14.3kmとなっているおり、十分に燃費性能には優れています。一方、ディーゼルエンジンは馬力は劣るものの、燃費はリッター19.6kmとなっています。燃料は経由になるため、ガソリン車とは維持費で圧倒的に優れているのも評価できるポイントです。

実際に乗った人はどのような評価をしているのでしょうか

駆動方式の変更と室内空間の拡大

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/comfort-and-functionality.html

自動車評論家の中では駆動システムをFFに変更した点を残念がる声が多いです。多くのメーカーがFF式に変更する中、それでもFR駆動を採用する点にある種のこだわりが見られていました。BMWと言えば後輪駆動。SUVであるXシリーズでも後輪駆動というのを自動車評論家は評価していたためです。前輪駆動だとコーナリング時に後輪駆動ほどのスムーズさに欠けます。アクセルで車をコントロールする走りも後輪駆動と比較すると劣ります。自動車評論家は車好きの方々が多いため、玄人好みな後輪駆動の方が評価が高かったのでしょう。ただ、一般ユーザーからは室内空間が広くなり、車体はコンパクトになった現行モデルの方が評価が高いです。FF&FFベースの4輪駆動に変更したことによって室内を大きく取ることが出来るようになった恩恵は大きく、特に後部座席では大人4人が乗っても全く窮屈さを感じさせない点が評価されています。

走行性能についての評価

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/driving-dynamics-and-efficiency.html

走行性能についてはかなり良い評価をされています。エンジンは新世代のBMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、低速から鋭い加速を味わえます。最高出力こそそこまで高くないですが、日常使いには全く不満のない加速性能を身につけています。また、コースティング機能により、走行中にアクセル・ペダルから足を離しブレーキを踏まずにいると、エンジンが駆動系から切り離され、最高160 km/hまで惰性走行を行って燃費を向上させてくれることも評価されるポイントです。

総合的な評価

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/images-and-videos.html

実際に購入し、愛用しているユーザーの評判はどうなっているのでしょうか。外観ではBMWを乗り継いでいるユーザーの中には前方が短くなったことに違和感を覚える人も中には居ますが、総合的な評価としてはかなり高得点です。一方、内装についてはFFになったことで旧式モデルと比べると明らかに広くなった室内に高評価を上げる声が多かった一方で、内装に使用している素材や見た目に関してはBMWというブランドネーム、そして本体価格の割にチープな印象を受けるとの評価も見られました。また、ETCが丸見えな点をマイナスポイントとしている人もいます。

走行性能に関しての評判は、街中で運転する分には全く問題ないとの評価が大多数でした。しかし、それ以外の遠方に繰り出す場合は多少不安な点があるという意見も少し見られました。特にスピードを出しているときにカーブを曲がり切れなくなることが多いため、意識して減速する必要があるとの声がいくつか出ています。これはFFが故のアンダーステアが出やすいのかと思われます。そして座り心地はスポーティーを意識していることもあって、やや硬めの印象を受ける人が多いです。とはいえ、シートオプションによって変更が可能なので気になる人はシートの変更も検討しましょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』