【ホンダ ステップワゴン スパーダ】の値引き、実燃費、中古車価格をご紹介!

人気のグレード、ホンダステップワゴンスパーダは2014年4月に発売され横開きも可能なわくわくゲートと、新開発1.5L直噴ターボの搭載が大きな特徴となってます。今回はホンダステップワゴンスパーダの気になる部分を徹底的にご紹介いたします。


ホンダステップワゴンスパーダの特徴

ホンダ自慢のミニバン!

ステップワゴンは、ホンダ技研工業が開発・製造・生産をしているミニバン型の乗用車です。初代モデルは1996年に販売が開始されました。1990年代の日本のミニバンは、キャバブオーバー型のFRレイアウトを用いていたのに対して、ステップワゴンではボンネットタイプのFFレイアウトが採用されました。販売開始当初はライバル車よりも価格設定が抑えられて、一気に人気モデルとして普及しました。

低燃費なのにパワフルなのが魅力

最新のホンダステップワゴンスパーダには、ホンダ車としては初採用となる、「VTEC TURBO」エンジンL15B型を搭載しました。このエンジンはダウンサイジングされていて、室内空間が広くなり、低燃費ながら多人数で乗ってもパワフルな走りが楽しめます。従来のターボのイメージを覆すような、力強い加速が可能です。

使い勝手の良さが魅力

最新のステップワゴンには、「わくわくゲート」が搭載されました。これは、リアのゲートが縦にも横にも開く機能で、後部座席への乗り降りや荷物の出し入れがとてもしやすくなっています。また、スライドドア部分は390mm、わくわくゲートは445mmと床を低くすることにより、子どもでも乗り降りが楽になるように設計されています。

ホンダステップワゴンの歴代モデル

ステップワゴンは初代モデルが1996年に販売が開始され、現在販売されているモデルは5代目となります。

1996年に販売が開始された初代RF1/2型は、従来のワンボックス車の常識を覆し、エンジンを運転席の下ではなく、ボンネットに格納したFF方式が採用されています。販売面ではエアバッグやABSをオプションとすることにより、車両本体価格を抑えリーズナブルなモデルとして人気になりました。

2代目となるRF3/4/5/6/7/8型は、2001年に発表され外観的には初代モデルに少々丸みを持たせたのみの変更でしたが、プラットフォーム・ボディ・サスペンションは新規に開発され衝突安全性能を高め乗り心地も向上しました。

3代目のRG1/2/3/4型は、2005年に発表され、ボディーは流線型となり、薄型の樹脂製燃料タンクやサイレンサーを採用することで、低床化と低重心かを達成し、全高を75mm低減しました。また、低重心化により、コーナーリング性能と直進安定性を大幅に向上しています。

4代目のRK1/2/3/4/5/6/7型は、2009年に発表され3代目に比べて全長を50mm延長し、5ナンバークラスに収まるギリギリのサイズまで大型化されました。また、開放感を高めるために全周においてガラスエリアを拡大しています。

現行モデルとなる5代目のRP1/2/3/4型は、2015年から販売が開始され「わくわくゲート」が搭載されたことで話題になりました。エンジンをダウンサイジング化し新開発の「VTEC TURBO」エンジンが搭載されています。更に、「Honda SENSING」を採用することで安全面での性能も高まりました。

歴代モデルの中古車価格

初代RF1/2型の中古車価格としては、7万円から98万円の間で販売されています。

2代目モデルとなるRF3/4/5/6/7/8型の中古車価格は、1万円から159万円の間で取引が行われています。

3代目のRG1/2/3/4型の中古車を探すと1万円から175万円での車が見つかります。

4代目のRK1/2/3/4/5/6/7型の中古車は、40万円から328万円にて販売が行われています。

最新モデルのRP1/2/3/4型は、180万円から230万円の間で取引がされていて、特にスパーダに高値が付いています。

おすすめは、最新モデル

歴代のホンダステップワゴンの中でも特におすすめなのは、最新モデルとなるRP1/2/3/4型です。ホンダ新開発のエンジンである、「VTEC TURBO」が搭載されているため、燃費のよいパワフルな走りが楽しめます。また、ホンダ独創の低重心設計がされていますので、コーナーリングも高速時の直視安定性にも優れています。

最新モデルの燃費

ステップワゴンの最新モデルの、RP1/2/3/4型の燃費は、JC08モードにて1リットルあたり17.0キロメートルと、ガソリン車としてはトップクラスの燃費性能です。また、ECONスイッチやコーチング機能の搭載によりエコ運転をサポートする機能も充実しています。なお、環境性能についても、「平成32年度燃費基準」を達成しました。

最新モデルの年間維持費

ホンダステップワゴンの最新モデルの年間維持費は以下の通りです。

自動車税:34,500

車検代:170,000190,000

・毎月かかる費用

ガソリン代

11km&カタログ燃費×軽油110円、レギュラー120円、ハイオク130円、):70,600

駐車場代:1万円

任意保険代(年齢30歳、免許証ブルー、30歳以

上限定、本人限定、車両保険無し、新規で申込、

年間走行距離11000km以下):43,400

オススメのオプション

車をオシャレに演出

ステップワゴンに乗るのであれば、人とは異なるオシャレな演出をしたいものです。そこで付いていて欲しいオプションとしては、「フォグライトガーニッシュ」と「フェンダーエンブレム」、「ユーロホーン」が付いているとちょっとしたオシャレな演出が可能です。これらは、3点パッケージのメーカーオプションとなっていて、29,529円です。

フロントグリルを格好良く

フロントグリルが異なるだけでも車のイメージはとても変わります。せっかくなので迫力のあるフロントグリルが付いていてほしいものです。フロントグリルはメーカーオプションにて、「ダーククロームメッキ」と「クロームメッキ」、「ベルリナブラック」が用意されています。価格はそれぞれ異なり、ダーククロームメッキは31,320円、クロームメッキは29,160円、ベルリナブラックは27,000円です。

運転支援システムは必須

現在では、車を運転する上でカーナビゲーションは必須アイテムです。ホンダ純正のナビゲーションシステムでは、7インチから9インチの大型ディスプレイとなり、その価格は105,840円から216,000円まで5種類のラインアップがあります。高いモデルである9インチ大型ディスプレイは、ハイグレードスピーカーシステム「音の匠」に対応しています。

まとめ

ファミリーにお勧め!ステップワゴンでドライブしよう

ホンダのステップワゴンは、3列シートで7人もの人が乗れファミリーユースに向いている車です。特にスパーダは、「ホンダセンシング」が搭載され安全性能も充実しています。また、低重心設計となっていてコーナーリングも安定し、「VTEC TURBO」の搭載により加速の鋭さと低燃費を両立させています。そろそろ、フルモデルチェンジの噂もありますし、今なら大幅値引きも期待できます。是非、ホンダのステップワゴンに乗ってみませんか。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。