メルセデス・ベンツのプロトタイプカーを紹介!

どの自動車メーカーにも沢山のプロトタイプやコンセプトモデルが存在します。「あと一歩」で量販化ぐらいの完成度の高さだったり、逆に「これ売られてたの!?」という1台が世の中には存在します。

今回は「メルセデス・ベンツ」のそんなコンセプトモデル達を紹介していきたいと思います。

皆が追い求めていた未来のエンジンを搭載した「C111-Ⅱコンセプト」


日本のマツダ自動車はご存知ですよね?そのマツダだけが量産化に成功した技術、それが「ロータリーエンジン」です。従来のレシプロエンジンに比べ、コンパクトかつ軽量で高出力というスポーツカーにうってつけの技術。ドイツ・アウディの前身である「NSU」とヴァンケル社の共同開発で誕生したことから「ヴァンケルエンジン」とも呼ばれます。

1960年代から世界中の自動車メーカーがこぞって量産化に向けて研究開発を始め、メルセデス・ベンツも開発をスタート、1969年のフランクフルトモーターショーで3ロータリーエンジンを搭載した「C111コンセプト」を出展、翌年にはマツダ787Bと同じ4ロータリーエンジンを搭載、最高出力350馬力、最高速度300km/hと当時では驚異のスペックを謳ってました。
が、耐久性に問題があることがテストで発覚。またアメリカの環境基準をクリアするには技術的課題が多く、コストの観点から計画中止となりました。

大胆な可変ウイングが特徴!「C112コンセプト」


80年代からメルセデスは、モータースポーツに復帰。当時のF1に並ぶトップカテゴリーだった「グループC」にF1でお馴染みのザウバーとマシンを開発、瞬く間にル・マン24時間レースやWSPC(スポーツカー選手権、WECの前身)で数々の勝利を収めました。1991年、その技術を公道にフィードバックして開発されたのが「C112コンセプト」です。メルセデス伝統のガルウィング、アルミモノコックシャシー、6.0L V12エンジン+6MT、あらゆる路面でも安定したドライブを実現するアクティブサスペンション、大型可変ウイングなど先進技術がつまったスーパーカーでした。同年の東京モーターショーにも展示され、その完成度の高さから700台のオーダーを獲得しながら世界情勢の不安による経済懸念から市販化は断念されました。

C112の技術は、後のSLRマクラーレンや昨年発表されたハイパーカー・AMG プロジェクトONEに活かされています。

いつの間にか市販取り止め?と思いきや更に進化中「AMG SLS E-cell」


現在欧米各国で電気自動車の開発が急速に進んでいます。街中の走るシティーコミューターだけではなく、走る愉しさを追求したスポーツカーもです。メルセデスは、300SLを現代に復活させた「AMG SLS」をEV化した「AMG SLS E-cell」を2010年に発表、瞬時に最大トルクが出るモーターの特性を活かし、0-100km/h加速を3.9秒、最高速250km/hと申し分ないスペックを誇っていました。2012年に量産モデルに近いプロトタイプも公開しましたが、直後にSLS E-cellの動向が途絶えてしまいました。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら