初めて聞いた?!世界のマイナースーパーカー ベクター W8(アメリカ)

最初に作った「ベクター W2」はカリフォルニアで作った童夢 零?

アメリカというと、ピックアップトラックだろうがミニクーパーだろうがV8エンジンを乗せて溢れるパワーを楽しむ国で、スーパーカーはあってもわざわざ自分で作らず輸入…というイメージがありますが、作ろうという人がいないわけでもありません。 西海岸で空力デザインを扱う会社を設立したゼラルド・ヴィーゲル氏がその1人で、せっかく空力の仕事をしてるのだから、それを活かした車を作りたいと。 アメリカン・マッスルスポーツというと、バイパーやカマロ、コルベットは新しくなればなるほど空力もしっかり考えてある気がしますが、古いモデルだと空力よりパワーこそ全て!という感じもします。 1978年に発表された第1作が「ベクター W2」で、ちょっと角ばったボディにフロントガラスはフロントから一直線にペタッと寝ており、タイヤバリアか何かに突っ込んだらそのまま刺さりそうな雰囲気。 それに加えて四角い開口部など見ていると、日本の「童夢 零」を思い出します。

最初の量産モデル、「ベクターW8」

ベクターW2は生産資金が調達できず、法規上の問題もあったので一旦お蔵入りになり、それから10年後に改めてリファイン版のW8を発表します。 基本的にはW2の延長線上にあるスーパーカーなのですが、写真を見るとルーフの一部がブラックアウトされていて、ガラスルーフかあるいはサンルーフなのか? このへんは陽光さんさんと降り注ぐカリフォルニアで作ったスーパーカーという感じがします。 そしてW2のプロトタイプの頃より少し丸みが出たような気もしますが、相変わらずの直線基調なボディ。 フロント周りは色々と穴が空いたり、スポイラーがサイドまで大きく回り込んで、とにかくフロントのダウンフォースを目一杯稼ごうという気持ちがうかがえます。 それもそのはずベクター車は大きさの割にはアルミモノコックにカーボンケブラーボディで大きさのわりには軽量。 それでいてハイパワーエンジンで推定最高速度が354km/hに達するので、空力処理をしっかりやってダウンフォースを稼がないと、フロントが浮いて宙に舞ってしまいます。 ちなみにエンジンはシボレーのV8OHVで、排気量は不明ですがツインターボ化して650馬力だとか。 それでミッションは3速ATというところが、何ともアメ車っぽい感じです。 トルクが出てるので、段数増やす必要もあまり無いですし、サーキットもオーバルトラックみたいなところならこれで良いのでしょう。

何となく今も続いているらしい?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら