元々はエンジン屋チューナー、日本車も手掛けたAMG

「AMG」という名前はクルマをあまり知らない人でも一度は聞いたことがあるでしょう。BMWと同郷ドイツの「メルセデス・ベンツ」の高性能モデルを指します。

日本では「ちょいワル」のイメージを持たれることも少なくありません。AMGは設立以来「究極のハイパフォーマンスモデルを追求する」決して終わりのない、ゲルマン魂を貫き通している(ハイパフォーマンスと謳ってるわりに外観の変化が少ないのも上記イメージの一因かもしれない)頑固な技術集団なのです。

悲劇をきっかけに誕生したAMG

AMG社は、1967年にレース用エンジンの設計会社として創業しました。「AMG」とは、創業者ハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Aufrecht)のA、エアハルト・メルヒャー(Melcher)のM、そして2人の地元のグローザスパッハ(Grosaspach)の「G」が起源となります。

世界にAMGの名を知らしめたのは、それから4年後の1971年のスパ・フランコルシャン24時間レースで当時のメルセデスのフラッグシップといえる「300SEL 6.3」に搭載された6.3L V8エンジンを6.8Lに排気量アップし250馬力から430馬力近くまでパワーアップした「300SEL AMG 6.8」でエントリーし、初陣でクラス優勝と総合2位という結果で技術力の高さを強烈にアピールしました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら