「世界一安全」と言われる車 ボルボの魅力 〜The safety of VOLVO〜

ボルボは、「世界一安全な車をつくっている自動車メーカー」と言われています。その愚直なまでの高度な安全思想は、他の自動車メーカーの模範となっています。

3点式シートベルトの特許を無償公開

ボルボは1958年に3点式シートベルトを発明しました。従来の2点式よりも事故発生時における乗員への負荷や傷害を大幅に軽減できるばかりか、違和感なく装着ができ、構造も簡便という画期的な技術であり、自動車の歴史において最も重要な発明とさえ言われています。しかも、ボルボは3点式シートベルトの特許技術を惜しげもなく無償公開。またたく間に3点式シートベルトは世界標準となり、多くの人々の命を救いました。

交通事故による死者や重傷者をゼロに

画像引用 ucar.yicblog.com

ボルボは2000年に、大がかりな衝突実験設備を備えた研究施設「セーフティセンター」を開設。様々なパターンの交通事故を再現し、安全性の追求に日々取り組んでいます。また、2008年には、「2020年までに、新しいボルボ車が関わる交通事故による死亡者や重傷者をゼロにする」という安全思想「VISION2020」を掲げ、事故時における乗員の傷害軽減だけでなく、歩行者の傷害を軽減する取り組みや、最新のテクノロジーが人間の弱点を補うことにより、交通事故そのものを未然に防ぐための技術開発を実践しています。

歩行者用のエアバッグを世界初採用

画像引用 d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net

たとえば、最新のボルボV40に採用された世界初の「歩行者エアバッグ」は、歩行者との衝突事故が起きると、ボンネット後部を瞬時に持ち上げ、U字型のエアバッグを膨らませます。これにより、ドライバーの視界を確保しつつ、歩行者がフロントピラーなどの硬い部位に頭部を打ちつける傷害を大幅に軽減することができます。また、歩行者や自転車を検知する自動ブレーキシステムや、安全な車間距離を自動的に保つアダプティブ・クルーズコントロール、車両の横転事故や転落事故の際にキャビンの生存空間を確保し乗員を保護するボディ構造など、あらゆる角度から安全性を高めるアプローチをおこなっています。

トップクラスの安全性能で業界をリード

一方で、ボルボ車を「世界一安全な車」と呼ぶのは、3点式シートベルトの発明や、質実剛健なボディゆえに「走るレンガ」と形容された、過去のボルボ車のイメージがいまだに健在だからではないかといった意見も耳にします。しかし、公的機関や保険会社などのレポートでは、依然としてボルボ車の安全性がトップクラスであることが示されています。たとえば、スウェーデンの保険会社「Folksam」のレポートでは、多くのボルボ車が最高ランクの5つ星を獲得しています。高度な安全思想を掲げ、自ら進化を続けるボルボ。これからも、「世界一安全な車をつくる自動車メーカー」として業界を導くとともに、他の自動車メーカーも切磋琢磨し、自動車の安全性をどんどん高めていってもらいたいものです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら