【M3クーペ】BMW4シリーズに変貌を遂げた幻のモデル

BMWシリーズの量産モデルで3シリーズがありますが、その中のモータースポーツ部門で生産されるM3は3シリーズ最高位のモデルとして君臨し、小型でありながらハイパワーを発揮し、まさに「羊の皮を被った狼」と言っても良いプレミアムスポーツクーペです。

BMW M3 クーペとは

引用元:https://www.goo-net.com/cgi-bin/fsearch/goo_used_search.cgi?category=TPC&phrase=bmw+m3+m3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%9A&query=bmw+m3+m3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%9A

世界販売がもっとも多い量産モデルであるBMW3シリーズは日本でも多く流通しており、その中の最高グレードであるM3はモータースポーツ用(レーシング仕様)にチューニングされた車両であり、クーペはその中の2ドアモデルとなります。M3クーペは2007にE92型が3シリーズのフルモデルチェンジに伴い同時デビューを果たし、2014年まで続いたモデルです。全長が4,620mmと、一見すれば国産車中型サイズと同等でありながら、総排気量4,000ccV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力420ps、最大トルク400Nm(40.8kgm)/3,900rpmを発揮していました。
このモデルは4世代モデルとして発売され2014年まで引き続くも、3シリーズのクーペモデルが4シリーズにバージョンアップしたため、5世代モデルからは4シリーズのクーペ専用モデルへと変貌し、最高グレードがM4となったため、幻のM3クーペとなりました。

BMW M3のインテリア&エクステリア

M3のインテリアについて

引用元:http://newing-inc.com/interior/bmw-3%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BAe92-%E5%86%85%E8%A3%85%E5%BC%B5%E6%9B%BF%E3%81%88/

スポーツモデルとして走りを追求したM3はロングドライブでも疲れないような座席位置、ステアリングの位置が最適化されており、シフトチェンジやアクセル&ブレーキワーク、各種操作が運転姿勢からし易いような設計となっています。ナビゲーションシステムをはじめとする各種操作はダイヤル操作となっており、直感的に操作できるような設計になっています。シート素材はM3専用に用意されたスポーツシートに高級本革が採用され、シートヒーティングシステムを搭載したパワーシートとなっています。後部座席は中央座席を持たない2座席で4:6可倒式のため、座席を倒すことでラゲッジを拡張することが可能となります。

M3クーペのエクステリアについて

引用元:http://ism.excite.co.jp/car/rid_Original_15211/

M3クーペの外観デザインはこれまでのモデルと異なりシャープなシルエットを持ち、ルーフからテールに向かうラインが流線型で、車両前方部分もBMWの伝統的デザインである大きめのキドニーグリル脇から側面にかけて伸びるヘッドライトがリフトアップされ、強さを前面に出した面持ちとなっています。通常の3シリーズクーペとの違いはルーフがカーボン仕様でインパクトがあります。アンダーバンパー中央部付近に片側2本出しの排気パイプがスポーツモデルらしい特徴です。

現行型M3に採用されるテクノロジー

M3に搭載されるM Drive

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m3-sedan/2017/driving-dynamics.html


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら