【保存版】BMW M Sportとは?Sportやラグジュアリー、Mモデルとの違いとは

皆さんはよく新車中古車に限らずどの車を買おうかと考えているときに、BMWが選択肢に入ることがあると思います。しかしBMWの車を見ていて「M Sportってなんだ?」「ラグジュアリーってなんだ?」はたまた、「Sportとは何が違うの?」こんな疑問を抱いたことがあるかと思います。さらにBMWには『M Performance』や『M』などと言ったものもあり、紛らわしいことこの上ありませんよね。しかしそういったラインナップも色々な人にBMWの楽しさを体感してもらいたいというBMWの想いです。今回はそんなBMWの車の仕様による違いをご紹介していきたいと思います。

近年幅が広がりつつあるBMWのラインナップ

現在BMWの仕様には様々なものがラインナップされていて、ユーザーそれぞれの好みやライフスタイルに合わせて選べるようになってきています。エディション系などの例外を除いた、現在日本市場に存在しうる仕様(販売終了も含め)を可能な限りまとめてみました(略称で表記、意は下にご紹介します)。また、Xシリーズ、BMW iは一旦別で考えております。

注1(①…スタンダード / ②…Style / ③…Sport / ④…Luxury / ⑤…M Sport / ⑥…M Performance / ⑦…M / ⑧…M Competition / ⑨…M CS)

注2 スマートフォン、タブレットの方は右にスクロールしてご覧ください。

モデル名BMWBMW M
1シリーズ
2クーペ
2カブリオレ
2アクティブツアラー
2グランツアラー
3セダン
3ツーリング
3グランツーリスモ
4クーペ
4グランクーペ
4カブリオレ
5セダン
5ツーリング
6クーペ
6グランクーペ
6カブリオレ
6グランツーリスモ
7セダンExcellenceなど
8クーペ
8カブリオレ
8グランクーペ

 

上の表から分かるように、近年のBMWのラインナップはかなり幅が広がってきていて、日常使いしやすいものから超高性能版まで揃えられています。他に分かることは、下位モデルでは顧客層が厚いこともあり、スタンダードからM Performance、Mまで幅がある反面、7シリーズや8シリーズなどの上位モデルでは顧客層の薄さのため最初からハイエンドなモデルしか用意がされておりません。そしてさらに、このデザインラインナップを含め、それぞれにエンジンのグレードが3通り(ハイオクとディーゼルそれぞれに)ほど、さらには駆動方式も2駆と4駆と用意されていたりと、ライフスタイルに合わせて選べるようになっています(例えば3シリーズ ツーリングを買いたい、よりスポーティなモデルが良い、エンジンはそんなに強くなくていい、そして冬は頻繁に車でスキーなども行きたい、こういった方には4駆モデルの320i xDrive ツーリング M Sportなど )。また、新車の場合買いたい時にすでにディーラーの在庫にない場合もありますので、欲しいクルマがあるかどうかは直接ディーラーに聞くことをお勧めします。

このように様々なラインナップがありますが、SportやStyleなど似たような名前がありすぎて、何が何だかわからないかもしれません。そこで、それぞれのデザインラインナップのコンセプトイメージをまとめてみます。(M PerformanceをはじめとするMモデルからはBMW M社によって開発された全くの別物になりますので疑問を抱く方がいるかもしれませんが、M Sportなどとの比較のためにも、ここでは一緒に書かせていただければと思います。)

ーーーーーーーーーーーー

①スタンダード…一般的に言うノーマルです。そのモデルのなかでデザイン的にも価格的にも最も落ち着いたシンプルなグレードで、安価で落ち着いたBMWが欲しい方におすすめです。

②Style…現在は主に1シリーズに設定されます。マットシルバーのキドニーグリル、グレー系の内装などさりげない華やかさを売りにするグレードです。中身の変更はないので、安価がいいがスタンダードより華やかさが欲しい方におすすめです。

③Sport…スタンダードよりも各種装備が充実しています。外装がよりスポーティでワイド&力強いイメージになります。サスペンションなど中身の変更点はなくM Sportほどのこだわりはないが見た目でのスポーティさが欲しい方におすすめです。

④Luxury…クロームバーを多用し、前後左右そして内装どこから見ても高級感を漂わせるデザインです。上に同じくサスペンションなど中身の変更はないので、落ち着いたデザインで高級感が欲しい方におすすめです。

⑤M Sport…大きめのエアインテークなどBMW M社のDNAを受け継ぐスポーティかつ攻撃的なデザインになります。モデルによってはサスペンションなど中身もその他と異なってMモデルに共通するものもあり、Mモデルは買わないけどその雰囲気、走りに憧れる方におすすめです。

 

⑥M Performance…BMW M社がBMW車をベースにサーキット走行も視野に入れてチューンしたものです。イメージとしてはBMW車のボディでマットグレーのアルミのパーツがフロントエアインテークに装備されます。少し控えめだがM社のエンジンが楽しめる。Mモデルを買いたいけどまずは少し出力等抑えめがいい方におすすめです。Mモデル入門の方へ。

⑦M…BMW M社がBMW車をベースにサーキット走行も視野に入れられるように開発したものです。M以上はボディサイズ、足回り、エンジンも専用チューンされていて、Mモデルならではの圧倒的な加速、動力性能、出力、音、デザイン、Mモデルのブランドが欲しい方におすすめです。

⑧M Competition…上のMモデルを出力アップなどでより高性能にしたものです。普通のMモデルよりさらに高出力が欲しい方におすすめです。

⑨M CS…Club Sportの略で、上のM Competitionモデルを更にサーキット仕様にチューンしたものです。カーボンを多用し、軽量化を最大限まで極めた現在最強モデルになります。相当なBMW好きで、究極の1台が欲しい方におすすめです(M4にはGTSという、後席を取り外しロールバーを装着するなど、さらに軽量化・出力アップを求めたモデルもあります)。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら