BMW3シリーズクーペの特徴

BMW 3シリーズ クーペ画像

BMW 3シリーズ クーペの特徴

BMW 3シリーズ クーペ画像

引用元:http://autoc-one.jp/catalog/bmw/3_series_coupe/photo/

BMW 3シリーズ クーペの特徴①

BMWの中で3シリーズは同ブランドのミドルサイズ量産モデルであり、1975年に02シリーズの後継モデルとして登場した、E21型の2ドアセダンから引き続き、2012年まで生産されていたのが3シリーズクーペです。生産当初は、2ドアセダンでしたが、時代と共にセダン・ステーションワゴン・クーペ・カブリオレと区別され、3代目モデルE36型からクーペという新しい枠で売り出されました。

BMW 3シリーズ クーペの特徴②

セダンとステーションワゴンが4ドア(5ドア)モデルとして生産されるのに対し、2ドアで生産され、最終モデルのE90型は流線型のシルエットを持ち、空力抵抗を考えたデザインとなっています。丸みを帯びてスタイリッシュなデザインの3シリーズクーペは他の3シリーズとは異なる、格上モデルの5シリーズにどこか似た風格のあるモデルです。

BMW 3シリーズ クーペの特徴③

BMW 3シリーズ クーペ画像

引用元:http://jp.autoblog.com/2017/06/05/bmw4-and-bmw/

現在は3シリーズクーペが廃止され、セダンとステーションワゴンのみで生産されていますが、そのDNAは4シリーズにバージョンアップして継続されています。現在ではクーペ専用モデルとして「4シリーズ」が存在し、ボディを大型化し、スペックを上げた中核モデル「4シリーズクーペ」は3シリーズクーペが派生したモデルとして現在でもBMWスポーツモデルの筆頭として君臨する高評価なスポーツモデルです。

BMW 3シリーズ クーペの歴代モデル

BMW 3シリーズ クーペ画像

引用元:https://clubmini.jp/14655

BMW 3シリーズ クーペの歴代モデル①

3シリーズクーペとしてこの世に産声を上げたのが3代目モデルのE36型ですが、現在の4シリーズクーペから言えば、角のあるデザインですが、2代目までの丸型4灯のヘッドライトから引き続く4灯ですが、1つの角形ユニットに収納された大型ヘッドライトが印象的で、若者のユーザーを狙ったデザインでした。バンパーから続くドアモールが印象的でした。ホイールやバンパーデザインがクーペ専用として、人気が高まり、ユーザー評価の高いモデルとして販売が伸びたモデルです。

BMW 3シリーズ クーペの歴代モデル②

BMW 3シリーズ クーペ画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/car/bmw/series_3_coupe/

2005年になって3シリーズのフルモデルチェンジが行われると、5代目モデルE90型がデビューし、これまでのシルエットを一新した流線型のデザインとして発売されました。バンパーと一体型のキドニーグリルと両サイドに切れ長のヘッドライトデザインが特徴的です。テールに対してルーフが下がったスポーツカーとしての性能を高めたデザインです。

中古車価格について

BMW 3シリーズ クーペ画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/car/bmw/series_3_coupe/custom/?mg=3.6383

BMW 3シリーズ クーペの歴代モデル①

4代目E46型モデルは1998年に発売され、2007年まで生産されていたモデルですが、量産車であるBMW3シリーズがこの頃から高級車路線に変更し、スポーティーグレードMスポーツを発表すると、人気は一気に上がり富裕層をターゲットとした戦略で進みました。中古市場でも人気が高く、Mスポーツが高く推移しています。平均的な相場は50万円~80万円となっています。

BMW 3シリーズ クーペの歴代モデル②

3シリーズ最終モデルとなる5代目E90 モデルは空力抵抗を考えたスタイリッシュなシルエットで、内外装とも大幅刷新され、人気が急上昇しました。現行の4シリーズクーペの前身であるこのモデルの相場は100万円~150万円レンジで推移していますが、最終モデルで走行距離が少ない車両は300万円以上で流通しています。

最終モデルがおすすめ!

BMW 3シリーズ クーペ画像

引用元:http://www.scherzen-tec.com/gallery/bmw/3series-e90/1312015373.html

現在の4シリーズクーペの前身となる3シリーズE90 型は、走行性能を高める側面から流線型のデザインに刷新し、それでありながら低燃費を実現した最高のモデルとして存在しました。すでに生産を終了しているので、希少性が高まり、Mスポーツの人気が上昇し、程度の良いものは相場も上がっています。

おすすめモデルの燃費

E90 型3シリーズクーペはハイブリッドモデルモデルのような機能を持ちブレーキングによりエネルギーを回収するブレーキ回生装置を搭載し、また無駄な燃料消費を避けるためにアイドリングストップ機能も搭載したことで、燃費の向上となりました。JC08モード17.5kmとなりましたが、実際の走行では一般道で10km/Lで、高速走行では13km/Lとなっており、ユーザー評価は高いです。

おすすめモデルの維持費

●燃料はプレミアムガソリンを使用するため若干高いのですが、低燃費であるため負担は少ないです。 年間燃料費70,000円~80,000円(年間10000km走行)
●車検整備費は交換部品によって異なりますが、概ね150,000円程度は掛かるでしょう。
●自動車税は2000㏄モデルで29,500円です。
●自動車保険は車両設定なしで80,000円程度です。(30歳以上限定)

E90型モデルについていてほしいオプション2選

BMW 3シリーズ クーペ画像

引用元:https://www.amazon.co.jp/

オススメオプション①

スポーティー性能を高めた最終モデルに是非付けておきたいオプションとして、アクセサリーオプションをおすすめします。
中でも、フットサポートとアクセル&ブレーキペダルです。BMW専用のペダルは純正で18000円程度ですが、ネット販売で3分の1程度の単価で販売しています。

オススメオプション②

BMW 3シリーズ クーペ画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/2635682/car/2202616/3820301/note.aspx

BMWドアプロジェクターライトもアクセサリーオプションとして人気です。
純正部品として販売しており、価格は15,000円程度ですが、これもインターネットサイトで3,000円程度で販売しています。
BMWロゴやMスポーツのロゴデザインがドアオープン時に足元を照らし、高級車の雰囲気を醸し出します。

まとめ

BMWの中核モデルでクーペ専用ボディを持つ4シリーズの前身となる3シリーズクーペはすでに生産を終了していますが、希少なグレードや特別なカスタマイズがされた車両は人気が高く、高値で流通しています。4シリーズが登場してもあえて希少モデルであるE90 を求める人も多いです。この車の中古車を購入する場合、走行距離が少なく、整備記録簿の記載が行われている車両を、信頼のおける正規販売店でしっかりとした保証が付いた認定中古車を選び、購入することをおすすめします。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

BMW 3シリーズ クーペ画像