メルセデスベンツBクラスは実用性の高いコンパクトカーです。

メルセデス ベンツ Bクラスの特徴

ベンツ Bクラス画像

引用元:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/b-class/price/

メルセデス ベンツ Bクラスの特徴①

メルセデスベンツBクラスは2006年1月に日本正規輸入販売が開始されました。既存のコンパクトミニバン「Aクラス」とセダン「Cクラス」の間に位置しながら広い居住空間の確保、高い実用性とスポーティさを見事に融合させたメルセデスベンツの新しいコンセプトの基に開発されました。

メルセデス ベンツ Bクラスの特徴②

Bクラスのエンジン排気量は既存の「Aクラス」と基本は同じです。1.7Lと2Lの直4エンジンと、2L直4エンジン+ターボ付きがラインナップされておりましたが、後のモデルでは1.6L直4エンジン、1.6L直4エンジン+ターボ付きが搭載されました。
また、トランスミッションは、無段変速機(CVT)のみでしたが後に7ATに設定が変更されました。出力は1.7L直4が116馬力、2Lの直4が136馬力、2L直4+ターボで193馬力を発生させます。後のモデルで最大出力211馬力まで高められました。

メルセデス ベンツ Bクラスの特徴③

ベンツ Bクラス画像

引用元:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/b-class/

全長×全幅×全高=4270×1780×1605mmというワイド&ショートボディが大きな特徴で、エンジンやトランスミッションの一部をフロア下に収め、優れた衝突安全性とスペース確保を両立させた独自のボディ構造「サンドイッチコンセプト」を採用しました。フロントサスペンションには走行状態に応じてダンパーの減衰力を調節する新機構を装備させ、乗車人数や積載重量にかかわらず車体の姿勢を最適に保つリアサスペンションを採用しました。安全面では、運転席・助手席のエアバッグに加え、フロントサイド&ウインドウバッグ、前席ベルトフォースリミッター付シートベルトテンショナーや後席シートベルトテンショナーなど、このクラス随一の乗員保護システムを標準装備し、またコーナリング時の横滑り防止であるESPシステムと、電動パワーステアリングと連動してステアリング操作を助ける「ステアコントロール」機能を採用しました。

メルセデス ベンツ Bクラスの歴代モデル

ベンツ Bクラス画像

引用元:http://car-moby.jp/273401

メルセデス ベンツ Bクラスの歴代モデル①

初代モデルは2006年~11年販売になりますが、2009年にB200ターボは販売終了となりました。1.7L直4エンジン、2L直4エンジンのラインナップは初代モデル販売終了まで継続されました。トランスミッションは、無段変速機(CVT)の7速マニュアルモード付きのみでした。カーナビは基本DVD方式でしたが、ディーラーオプションでHDDナビが設定されました。また、B200ターボに関しては専用のスポーツサスペンションが装備されておりました。2008年8月にマイナーチェンジが実施され、フロントグリルやエアインテークなどのデザインを一新し、インテリア素材やシートデザイン/素材を変更を行い、6.5インチ液晶を使用した携帯電話ハンズフリー機能、ラジオやCD/DVDビデオなどさまざまなメディアに対応するオーディオビジュアルシステムを採用しました。尚、2009年8月に車名の変更が行われ、1.7Lエンジン搭載の「B170」は「B180」と改名されました。

メルセデス ベンツ Bクラスの歴代モデル②

ベンツ Bクラス画像

引用元:http://autoc-one.jp/catalog/mercedes-benz/b-class/grade/

二代目モデルは2012年4月から販売開始されました。今回のフルモデルチェンジに伴いBクラスの特徴であった2重フロア構造をやめ、先代と比べて全長は90mm拡大ましたが、全高は65mm低くなり、ワイド&ローの安定感あるフォルムとなりました。エンジンは1.6L直4ターボに、7速AT(7G-DCT)の組み合わせになり、エコスタート/ストップ機能を採用したことで省燃費を実現させました。内装はSL系と共通するデザイン要素を取りいれる事で全体の質感を高めました。フロアが低くなったことで、乗降性が改善され、ボタン式駐車ブレーキを採用し、ラゲッジは486~1545Lの大容量を確保しました。安全面ではパーキングアシストリヤビューカメラや、レーダー型衝突警告システム(CPA)を採用し安全性を高めました。

中古車価格について

ベンツ Bクラス画像

引用元:http://www.disc-garage.com/businessblog/16_2015-08-28_22-20-00.html

メルセデス ベンツ Bクラスの歴代モデル①

初代モデルについては市場流通量も多く、価格についても十分手が届く設定がされている車両が多く存在しますが、中には日本車などと一緒に販売しているような販売店で一台だけ扱われているという事もあります。専門店や正規輸入販売店以外での購入は、リスクが伴いますので注意が必要です。走行距離が明確で販売店の保証がついた整備もしっかり行われている正規輸入販売店の認定中古車の購入をお勧めします。日本車などと一緒に扱っている販売店等では車検対応も行われないといった場合がありますので慎重な検討をしましょう。

メルセデス ベンツ Bクラスの歴代モデル②

ベンツ Bクラス画像

引用元:http://b-cles.jp/car/mb/mb_b-class


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら