ポルシェカイエンターボはハイパフォーマンスSUVの代表格です。

ポルシェ カイエン ターボ画像

ポルシェ カイエン ターボの特徴

ポルシェ カイエン ターボ画像

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-turbo-models/cayenne-turbo/

ポルシェ カイエン ターボの特徴①

2003年春より日本正規輸入販売が開始されたポルシェカイエンターボですが、ポルシェの長い歴史の中で唯一のSUVというジャンルの車両となりますため、発売当時多くの注目を浴びました。エンジンは4.5LのV832バルブエンジン+ツインターボにミッションは6速ティプトロニックATという組み合わせで、最高出力は450馬力となります。因みに自然吸気のカイエンSでは、最高出力は340馬力になります。翌年3.2LV6(カイエン、カイエンSのみ)や4.8Lツインターボエンジン等の採用により最高出力550馬力を発生させるハイパフォーマンスSUVとなりました。

ポルシェ カイエン ターボの特徴②

全長×全幅×全高=4782×1928×1699mmで車重=約2.5トンという大きめの車体、車重でもあるポルシェカイエンターボですが、高いオフロードでの走行性能を実現させたポルシェカイエンターボの4WDシステムはポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)と呼ばれるアウディのクワトロシステムのようなポルシェ独自の駆動方式を採用し、カイエンターボのみポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント(PASM)が装備され、ニューマチックサスペンションと呼ばれるエアーサスペンション採用した事で最低地上高157mm~273mmまで、6段階の車高調整が可能としたことで高水準なスポーツ性能と同時に、高いオフロードでの走行性能を実現させました。

ポルシェ カイエン ターボの特徴③

ポルシェ初のSUVモデルですが、運転シートなどは他のシリーズ同様の品質の高い空間作りを基準にしております。カイエンターボの大きな特徴はSUVらしい広い居住空間を確保するとともに、高い積載能力も兼ねた作りを実現させております。また、セキュリティとして、イモビライザー、盗難防止アラームが標準装備されました。

ポルシェ カイエン ターボの歴代モデル

ポルシェ カイエン ターボ画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/266214/blog/39754553/

ポルシェ カイエン ターボの歴代モデル①

初代モデルは2002年~2010年発売されましたが、日本正規輸入販売が開始されたのは2003年春からになります。また、初代モデルはマイナーチェンジがいくつか行われた経緯もあり、初代モデルの前期、後期モデルが存在し、区分けすると前期モデルは2002年~2006年秋、後期モデルは2006年12月~2010年となります。初期モデル前期の搭載エンジンは4.5LのV832バルブエンジン+ツインターボで450馬力を発生させましたが、後期モデルでは排気量の見直しが行われ、4.8LのV8エンジン+ツインターボが搭載された結果、500馬力まで高められた他、後期から設定されたカイエンターボSは更にエンジンチューンが行われ、最大出力550馬力を発生させました。また後期モデルは外装などの小変更が行われました。

ポルシェ カイエン ターボの歴代モデル②

ポルシェ カイエン ターボ画像

引用元:https://clicccar.com/2012/10/15/201968/

二代目モデルも前期・後期とモデルが存在し。前期モデルは2010年~14年に販売されました。車重を約2.5トンから約2.3トンへの軽量化が使用素材や4WDシステムなどを全体的に見直しこれにより実現しました。また、軽量化により燃費向上やパフォーマンス、ハンドリング性能を向上させました。エンジンの変更は行われませんでしたが、トランスミッションは6速ティプトロニックATから8速ティプトロニックSに変更されました。また、ホイールベースが延長された為、室内は広くなり多様な使い易さも先代モデル以上に向上させました。後期モデルは2014年~17年に発売されました。排気量は4.8Lのままですがエンジンチューンを施され最大出力は520馬力と高められました。

中古車価格について

ポルシェ カイエン ターボ画像

引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/266214/blog/39754553/

ポルシェ カイエン ターボの歴代モデル①

初代モデルの前期モデル等は発売からの年式経過がありますので価格設定も新車価格を考慮すると手が届く価格設定が行われておりますが、後期モデルは前期モデルに比べると少々高めの設定にされております。日本車などと一緒に販売している販売店等での購入はお勧めできません。ハイパフォーマンスモデルの為、正規輸入販売店や専門店等での購入をお勧めします。中にはカスタム車両等も販売されていますが、可能であれば試乗を行い、エンジン音、ターボの効き具合、ATの滑り確認や足回りの状態等を確認の上、整備記録有無の確認や走行距離等を確認の上慎重に検討しましょう。

ポルシェ カイエン ターボの歴代モデル②

二代目モデルも前期モデル同様の考えで良いでしょう。然し乍ら特に後期モデルについては年式経過も然程顕著ではありませんので高額な価格設定が行われております。前期モデルであれば後期モデルに比べれば多少の価格を抑えた設定が行われております。また、購入は専門店や正規輸入販売店をお勧めします。購入後のアフター等を安心して任せられます。

初代後期モデルがおすすめ!

ポルシェ カイエン ターボ画像

引用元:http://kakaku.com/kuruma/used/spec/Maker=24/Model=30978/

初代モデルの後期モデルをお勧めします。初代の前期モデルの場合、経年的な問題を抱えている車両も多く存在し、修理代が嵩むといった場合があります。後期モデルは前期モデル程の年数経過もしておりませんので良質な車両も存在しますし何といっても、前期モデルのマイナーチェンジが実施されたいわば初代モデルの集大成と言える車両と言えるでしょう。

おすすめモデルの燃費

リッター8.8キロ程とされておりますが、車重やターボモデルであることを考慮した場合省燃費であると言えます。また、乗り方次第でも燃費向上は十分見込めますし、タイヤに窒素ガス封入やエンジンオイル交換、駆動系のメンテナンスなどで更なる燃費向上が見込めます。

おすすめモデルの維持費

自動車税(88000円)、自動車重量税(20500円/年)、自賠責保険料(13920円/年)が維持費となります。

初代後期モデルについていてほしいオプション2選

ポルシェ カイエン ターボ画像

引用元:https://ameblo.jp/airou-japan/entry-12305348654.html

オススメオプション①

ドライブレコーダーをお勧めします。不慮の事故が発生した場合、映像データが証拠となりますし、ご自身のドライブ風景をご自宅で鑑賞等も行えます。また、高額なものになりますとGPSレーダー機能が備わったり、月極駐車場に駐車した際の悪戯監視の監視カメラとしての機能がついた物もあります。金額は5千円から3万円程となります。

オススメオプション②

カーナビをお勧めします。HDDカーナビが標準装備されておりますが、ナビで使用されているハードディスクの経年的な事を考慮した場合、不具合が起きている可能性等もありますし、カーナビは車両保証対象外となる事もありますので納車時にオーディオシステムアップも兼ねてカーナビの交換をお勧めします。価格は20万円から30万円程となります。また、取り付け費用が発生することがありますので、販売店へ相談してみましょう。

まとめ

ポルシェ カイエン ターボ画像

引用元:http://marshalcars.net/sale/cayenne-turbo-bk/index.php

ポルシェカイエンターボはハイパフォーマンスSUVです。年式関係なく購入する際は慎重な検討を行う事をお勧めします。使用部品等も高水準なもので、ターボメカ等が故障した場合の修理費用なども高額になります。専門店や正規輸入販売店では保証をつけた素性のハッキリした整備記録も残っている良質な車両も多く扱われているので相談してみましょう。日本車等と一緒に販売している販売店やカスタムされた車両等はリスクが伴いますので、特に現状販売の保証無しといった車両などは要注意と言えます。車検などの対応も行われないという可能性があります。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
ポルシェ カイエン ターボ画像