アウディS3スポーツバックはコンパクトホットハッチバックカーです

アウディ S3 スポーツバック画像

アウディ S3 スポーツバックの特徴

アウディ S3 スポーツバック画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/s3_sportback.html

アウディ S3 スポーツバックの特徴①

アウディS3の高性能版としてアウディS3スポーツバックが2009年2月から発売されました。エンジンは2.0Lの直4インタークーラー付きターボで256馬力を発生させ、同じ2.0LであるA3 スポーツバックと比べると出力は56馬力アップ、S3と比べると31馬力アップを実現させました。搭載するトランスミッションは6速Sトロニックのみの設定となります。

アウディ S3 スポーツバックの特徴②

よりスポーツカーらしい足回りを実現させる為、駆動には伝統のクワトロシステムに磁性体を利用した連続可変ダンピングシステム「アウディマグネティックライド」にも専用のチューニングを施すことで、全長×全幅×全高4300×1765×1450mmの ショート&ワイドなボディに高いハンドリング性能と快適な乗り心地の両立を実現させました。

アウディ S3 スポーツバックの特徴③

アウディ S3 スポーツバック画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/s3_sportback.html

外装は、専用バンパーと専用シングルフレームグリル、アルミ調ドアミラー、18インチホイール、ウイングタイプLEDポジショニングライトを採用し、S3スポーツバックの存在感を上手く演出させ、内装は、本革の専用スポーツシート、フラットボトム形状のマルチファンクション&パドルシフト付本革巻ステアリングを装備しました。

アウディ S3 スポーツバックの歴代モデル

アウディ S3 スポーツバックの歴代モデル①

初代モデルは2009年2月発売されました。256馬力を誇る直4の2.0Lターボエンジン+6ATの組み合わせでA3スポーツバックやS3モデルを超える性能となりました。また、クワトロシステム+アウディマグネティックライドによりショート&ワイドなコンパクトボディの操作性を高次元な仕様に仕上げました。2010年7月にマイナーチェンジが実施され、エンターテイメントシステムにGoogleとの連携機能やリヤビューカメラを装着する新型ナビゲーションシステムが設定されました。
二代目モデルは2013年11月より発売され、搭載された2.0L直4インタークーラー付ターボは最高出力が280馬力にアップされ、6速Sトロニック(6AT)の組み合わせとなりました。また、初代モデルに比べ、車重の軽量化を実現させました。外装は、従来型よりわずかに大きく、引き締まったスタイルとなっており、新型ヘッドライトとともに、ワイドかつスポーティな印象を与えました。内装では、インフォテイメントシステム(アウディコネクト)を標準装備しました。アウディコネクトは、MMIナビゲーションシステムの拡張機能として搭載されるもので、走行中のインターネット接続を可能とし、簡単操作でドライバーに適切な情報提供を行うものです。また、ナビゲーションにGoogle EarthのイメージやGoogleストリートビューを表示することができる他、天気予報、駐車場やガソリンスタンドの情報などが入手可能。さらに、このシステムには最大8台まで接続可能な無線LAN機能が備え付けられているため、同乗者に対するエンターテイメントシステムによる配慮が行われました。2014年8月にはマイナーチェンジが実施され、エンジン出力が285馬力へアップされました。

アウディ S3 スポーツバックの歴代モデル②

アウディ S3 スポーツバック画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/s3_sportback.html

三代目モデルは2017年1月に発売され、搭載エンジンは2.0L直4ターボで最高出力が290馬力へ引き上げされ、7速Sトロニック(7AT)という組み合わせになりました。外装は、専用バンパーとルーフスポイラー、18インチホイール、リヤの両側にデュアルマフラーを設置することで、スポーティかつ。アグレッシブな印象に仕上げました。内装にはレザーを組み合わせたスポーツシートや専用の革巻きマルチファンクションステアリング、ナビゲーションシステムなどを標準で装備し、安全装備では、レーダーセンサーにより前方の交通状況を常時監視し、緊急時には自動ブレーキを発動するなどして事故の危険を減らすシステム「アウディプレセンス フロント」を標準搭載。さらに、アダブティブクルーズコントロールも標準装備しました。

中古車価格について

アウディ S3 スポーツバック画像

引用元:https://www.navikuru.jp/review/audi/s3-sportback/

アウディ S3 スポーツバックの歴代モデル①

初代モデルは発売されてから年数も経過しておりますので、価格帯も手が届く位と考えて良いでしょう。基本的に大切に扱われてきた車両が多く存在します。然し乍ら、中には価格相場に合わない価格で販売されている車両も少なからず存在します。格安車両の場合は素性や車の状態等を可能であれば試乗を含めて確認を行い、慎重な検討をしましょう。
二代目モデルについても同様の考えで良いでしょう。ただ、年式がまだ比較的に新しいので価格の下落などはあまりありません。予算に届く車両が見つかったら試乗をするようにして、エンジン、ミッション等の状態やアクセサリー関係の動作確認をしっかり行い検討しましょう。

アウディ S3 スポーツバックの歴代モデル②

アウディ S3 スポーツバック画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/s3_sportback.html#layer=/jp/web/ja/models/a3/s3_sportback/layer/multimedia-gallery.mediagallery_images_slides.contentleft.6.html

三代目モデルは最近発売されましたので、中古市場に出回っている事は殆どありませんが、販売店で試乗用で扱っていた車両を販売している事やよっぽどの理由で手放した車両などが販売される事は十分あり得ます。見つけても飛びつかないで慎重な検討を行うようにしましょう。

初代モデルがおすすめ!

アウディ S3 スポーツバック画像

引用元:http://audinews3.blog.shinobi.jp/

初代モデルは発売から年数経過もしておりますので、中古市場においても手の届く価格での取引が行われております。
中には相場価格に合わない格安車両なども少なからず存在します。車検対応可能な整備等もしっかり行われている車両保証がついた良質な車両に出会える可能性は十分あり得ます。

おすすめモデルの燃費

国交省で公表されている数値はリッター10.4キロとされておりますが、乗り方次第でも車両の状態にもよります。
車両についてはタイヤをエコタイヤ+窒素ガス封入、エンジンオイル交換、駆動系のメンテナンス等で更なる燃費向上が見込めます。

おすすめモデルの維持費

自動車税3万9,500円、自動車税が1万6,400円、自賠責保険1万2,260円が年間維持費となります。

初代モデルについていてほしいオプション2選

アウディ S3 スポーツバック画像

引用元:http://car-moby.jp/65149

オススメオプション①

一つはドライブレコーダーをお勧めします。不慮の事故の際にトラブルに発展した際の証拠となりますし、ドライブ風景をご自宅で鑑賞等も行えます。また、高価なものですと月極駐車場に止めた際などの監視カメラ機能がついたもの等も存在します。価格は5千円~3万円程で購入可能です。

オススメオプション②

もう一つはカーナビをお勧めします。中古車の場合、カーナビなどの故障は保証対象外となっているケースもあったり、地図データが古いままの状態という事もあります。また酷使された可能性もありますので車両購入の際に一緒に交換をすることをお勧めします。価格は20万円~30万円程度になります、取り付け費用も発生する事がありますので販売店へ相談してみましょう。

まとめ

アウディ S3 スポーツバック画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a3/s3_sportback.html#

アウディS3スポーツバックは「S」の称号が与えられたスポーツモデルの中でもコンパクトなホットハッチバックカーです。高い運動性能と十分な居住空間の確保を両立させた実用性も高い車両です。それだけに人気も高く市場にも多く流通されております。目当ての車両が相場価格に合わないものであったりした場合は本体価格の安さに飛びつかないように、慎重な検討が必要です。性能が高いモデルの為、購入先は専門店や正規輸入販売店での購入をお勧めします。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
アウディ S3 スポーツバック画像