フルフラットになる車の特徴とおすすめ10選|利便性5つを詳しく紹介

最近は気軽にアウトドアができるフルフラットになる車が人気ですが、フルフラットになる車とはどのような車なのでしょうか。この記事ではフルフラットになる車の特徴や、フルフラットになる車のおすすめ10選などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フルフラットとは

フルフラットとはシートをフラットに倒せる車のことを指します。一般的な車はシートを完全に倒すことはできません。そのため車の中でゆっくり眠ったりすることはできませんが、フルフラットになる車ならシートを倒せば大人でも車の中で横になれるため、車中泊にも適しています。最近はキャンプでの利用や、アウトドアでの利用で大きな荷物を積み込むためにフルフラットになる車を選ぶ人が増えてきています。

フルフラットになる車おすすめ

フルフラットになる車のおすすめをご紹介します。フルフラットになる車にはさまざまな種類があるため、どの車を選べばよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。ここではフルフラットになる車のおすすめ車種をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ1:トヨタ ハイエースバン

https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_023/4.0/image/gallery_des-ext_01.jpg

トヨタのハイエースバンは広い室内空間とフルフラットベッドが便利な車種です。ハイエースはもともと商用車として人気がある車種です。荷室が広いハイエースバンは家族や友人達と車内泊を楽しむのにも最適で、カーゴスペースにフルフラットベッドを標準で装備することもできます。また、室内空間が広くゆとりがあるため、オートキャンプやアウトドアにもおすすめの1台です。

おすすめ2:ホンダ フリードスパイク

https://www.honda.co.jp/auto-archive/freedspike/2016/webcatalog/styling/image/design_01.jpg

ホンダのフリードスパイクはコンパクトカーの中では背の高い荷物の積み込みに最適です。フリードスパイクは装備されている反転フロアボードを利用することでフロアが一段低くできるため、自転車をそのまま積載することが可能です。現在フリードスパイクは生産を終了しており、後継車のフリードプラスが販売されています。

おすすめ3:日産キャラバンNV350

https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/nv350caravan/2004/exterior_interior/nv350caravan_2004_exterior_interior_cs1_01.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg

日産のキャラバンNV350は快適な車中泊が楽しめます。ワンボックスタイプのキャラバンNV350は車内スペースが非常に広く、天井も高いため車内泊におすすめの1台です。また、ワンボックスはフラットなフロアも多く、キャラバンNV350のトランスポーターグレードならオプションの「ベッドシステム」を利用することで、非常に快適なベッドが作れます。

おすすめ4:マツダボンゴバン

https://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/bongo-van/grade_spec/std/bv_grade_std_gallery_img01.jpg

マツダのボンゴバンは快適な車中泊が楽しめます。ボンゴバンは商用車として昔から人気の高い車種です。シートのフルフラットを利用することで積載スペースを広くすることで、大きな荷物でも積載することができます。現行モデルでも20年生産されている人気のモデルで、現在もクリーニング店や工事関係の車として活躍しています。

おすすめ5:ホンダステップワゴン

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/image/pic_main_pc.jpg

ホンダのステップワゴンは室内の後方に広いスペースが用意できるミニバンです。ステップワゴンは2列目と3列目のシートを倒してフルフラットにしたり、3列目のシートを床下に収納して2列目を前方に移動すれば、広々とした荷台を作ることができます。広さは特別広くはないものの、フルフラットにした際の段差が少ない点もポイントです。

おすすめ6:小型車ダイハツ ウェイク

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/img03_exterior/07_01_01.jpg

ダイハツのウェイクは背が高く長尺物を積み込むに便利です。ウェイクは小型車ですが、ウルトラスペースと呼ばれる全高1835mmの背の高さが魅力です。車内空間に余裕があるため荷物を積み込みやすく、荷物を乗せない場合は大人4人が乗車してもゆとりがあります。また、車内も天井も高いため窮屈に感じにくく、車内泊にもおすすめです。

おすすめ7:小型車スズキ エブリイ

https://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/styling/img/img01.jpg


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら