フルフラットになる車の特徴とおすすめ10選|利便性5つを詳しく紹介

最近は気軽にアウトドアができるフルフラットになる車が人気ですが、フルフラットになる車とはどのような車なのでしょうか。
この記事ではフルフラットになる車の特徴や、フルフラットになる車のおすすめ10選などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フルフラットとは

フルフラットとはシートをフラットに倒せる車のことを指します。
一般的な車はシートを完全に倒すことはできません。そのため車の中でゆっくり眠ったりすることはできませんが、フルフラットになる車ならシートを倒せば大人でも車の中で横になれるため、車中泊にも適しています。
最近はキャンプでの利用や、アウトドアでの利用で大きな荷物を積み込むためにフルフラットになる車を選ぶ人が増えてきています。

フルフラットになる車おすすめ

フルフラットになる車のおすすめをご紹介します。
フルフラットになる車にはさまざまな種類があるため、どの車を選べばよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。
ここではフルフラットになる車のおすすめ車種をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ1:トヨタ ハイエースバン

トヨタのハイエースバンは広い室内空間とフルフラットベッドが便利な車種です。
ハイエースはもともと商用車として人気がある車種です。
荷室が広いハイエースバンは家族や友人達と車内泊を楽しむのにも最適で、カーゴスペースにフルフラットベッドを標準で装備することもできます。
また、室内空間が広くゆとりがあるため、オートキャンプやアウトドアにもおすすめの1台です。

おすすめ2:ホンダ フリードスパイク

ホンダのフリードスパイクはコンパクトカーの中では背の高い荷物の積み込みに最適です。
フリードスパイクは装備されている反転フロアボードを利用することでフロアが一段低くできるため、自転車をそのまま積載することが可能です。
現在フリードスパイクは生産を終了しており、後継車のフリードプラスが販売されています。

おすすめ3:日産キャラバンNV350

日産のキャラバンNV350は快適な車中泊が楽しめます。
ワンボックスタイプのキャラバンNV350は車内スペースが非常に広く、天井も高いため車内泊におすすめの1台です。
また、ワンボックスはフラットなフロアも多く、キャラバンNV350のトランスポーターグレードならオプションの「ベッドシステム」を利用することで、非常に快適なベッドが作れます。

おすすめ4:マツダボンゴバン

参照元:https://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/bongo-van/grade_spec/std/bv_grade_std_gallery_img01.jpg

マツダのボンゴバンは快適な車中泊が楽しめます。
ボンゴバンは商用車として昔から人気の高い車種です。
シートのフルフラットを利用することで積載スペースを広くすることで、大きな荷物でも積載することができます。
現行モデルでも20年生産されている人気のモデルで、現在もクリーニング店や工事関係の車として活躍しています。

おすすめ5:ホンダステップワゴン

参照元:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/image/pic_main_pc.jpg

ホンダのステップワゴンは室内の後方に広いスペースが用意できるミニバンです。
ステップワゴンは2列目と3列目のシートを倒してフルフラットにしたり、3列目のシートを床下に収納して2列目を前方に移動すれば、広々とした荷台を作ることができます。
広さは特別広くはないものの、フルフラットにした際の段差が少ない点もポイントです。

おすすめ6:小型車ダイハツ ウェイク

参照元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/img03_exterior/07_01_01.jpg

ダイハツのウェイクは背が高く長尺物を積み込むに便利です。
ウェイクは小型車ですが、ウルトラスペースと呼ばれる全高1835mmの背の高さが魅力です。
車内空間に余裕があるため荷物を積み込みやすく、荷物を乗せない場合は大人4人が乗車してもゆとりがあります。
また、車内も天井も高いため窮屈に感じにくく、車内泊にもおすすめです。

おすすめ7:小型車スズキ エブリイ

参照元:https://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/styling/img/img01.jpg

スズキのエブリイは広い室内と低燃費が魅力です。
ワンボックス型の軽自動車で、軽キャブバンでは有数の荷室サイズを誇り、多くの荷物を一度に運べるため商用車としてもおすすめの1台です。
助手席を前に倒せばカーペットなどの長尺物でも簡単に積載でき、低燃費なので仕事に使いやすい車だといえるでしょう。

おすすめ8:小型車ホンダ N-VAN

参照元:https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/image/pic_styling.jpg

ホンダのN-VANはN-BOXがベースになっている便利な軽バンです。
ホンダのNシリーズ最新作であるN-VANはN-BOXをベースにしており、乗り心地が非常に良好です。
フルフラットを楽しむためにマットやクッションで好きなようにカスタマイズすることも可能なので、手軽に車中泊を楽しみたい人におすすめの1台です。

おすすめ9:小型車スズキ ハスラー

参照元:https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img01.jpg

スズキのハスラーはさまざまなシートレイアウトが選べる車種です。
後部座席のシートは前方に倒すか後方に倒すか好きに選べることができ、前席のシートもフルフラットになるため、車中泊に十分なスペースが取れます。
後席を後ろに倒すと完全なフルフラットにはなりませんが、マットなどを用意しなくても横になれます。
また、シートレイアウトのパターンが多いため、オートキャンプなどのアウトドアにおすすめとなっています。

おすすめ10:小型車マツダ スクラムバン

参照元:https://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/scrum-van/grade-spec/pa/sv_grade_pa_img01_1907.jpg

マツダのスクラムバンはさまざまなシートレイアウトが選べる車種です。
広い荷室で開口部も広いため、荷物の積み下ろしが簡単で商用車として人気のスクラムバンです。
収納スペースも広く便利なため、毎日利用する仕事用の車としての利用がおすすめです。

フルフラットになる車の利便性5つ

フルフラットになる車の利便性をご紹介します。
フルフラットになる車にはさまざまなメリットがあります。
ここではフルフラットになる車の利便性についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フルフラットになる車の利便性1:長尺物の積載が可能

フルフラットになる車は長尺物の荷物も積みこめます。
普通の車は積み込める荷物のサイズが限られていますが、フルフラットになる車ならシートを倒せば一般的な車では乗せられないサイズの長尺物でも積載が可能です。
例えば、助手席のシートを前に倒して3人乗車して1つの長尺物を積み込んだり、リアシートを倒して2人乗車し、より大きな荷物を積み込むことも可能でしょう。

フルフラットになる車の利便性2:アウトドアキャンプに最適

フルフラットになる車はアウトドアキャンプにも活用できます。
近年は車を使ったキャンプができるオートキャンプ場も多くなってきているため、フルフラットになる車はアウトドアキャンプに最適です。
フルフラットになる車を利用していれば、テントやタープなどの本格的なキャンプの用意をしなくても車の中に泊まることができるため、気軽にオートキャンプが楽しめます。

フルフラットになる車の利便性3:車中泊ができる

フルフラットになる車は車中泊ができます。
一般的な車は足を伸ばして眠ることができないため、仮眠程度なら可能でも、ゆっくり眠ることができません。
また、無理な体勢で眠れば、エコノミークラス症候群を発症してしまう危険性もあります。
しかしフルフラットになる車なら、シートをしっかり倒せるため、大人でも横になって眠ることができます。そのため、車中泊をするのにも良いでしょう。

フルフラットになる車の利便性4:足を伸ばしてリラックスできる

フルフラットになる車は足を伸ばしてリラックスできます。
フルフラットになる車は、アウトドアなどで車中泊をするわけではなくも、シートを倒せば軽く休憩するのにも最適です。
フルフラットになる車の中にはシートに段差が残るものもありますが、クッションなどを用意すれば足を伸ばしてリラックスできるでしょう。

フルフラットになる車の利便性5:大人数で楽しめる

フルフラットになる車は大人数でも楽しめます。
フルフラットになる車はハイエースなどの本格的な車だけではありません。
ミニバンやSUVなどはもちろん、コンパクトカーでもゆったり快適に乗車できるタイプが多いです。
そのため、普通の車よりもフルフラットになる車を選べば、家族が友人同士で大人数でも楽しめます。

フルフラットになる車はファミリーにもおすすめ

フルフラットになる車は仕事にもアウトドアにも使えます。
フルフラットになる車はシートを平らに倒すことで、一般的な車を違って車中泊をしてもリラックスして眠ることができます。
また、中には座席を移動させることで普通は入らないような大きな荷物を積み込むことも可能です。
ぜひこの記事でご紹介したおすすめのフルフラットになる車を参考に、自分にぴったりのフルフラットになる車を見つけてみてはいかがでしょうか。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』