【災害に強い車】災害が多く起きる日本….もしもの時に役立つ車って?

    こんにちは。今回は数多くある車の中で「災害に強い車」をテーマにした記事です。

    西日本の豪雨や、北海道の大地震など、今多くの人が自然災害と向き合う時にあると思います。

    その中で、「デザイン」「燃費」「走り」などこれまでの車を選ぶ指標だけで車を選択してもいいのでしょうか?

    日本に暮らす以上どうしても、切っても切り離せない自然災害。その中で、車をどうやって自然災害対策に役立てるのかというのも一つの車選びの指標になるのかもしれません。

     

    停電の時に役に立つ車

    今回の西日本の豪雨や、北海道の大地震で大きな問題になったのは「電力」の問題ではないでしょうか?

    災害発生から1週間以上経った今でも電力が復旧していない地域もあり、普段の生活を電力に頼って生きている現代の人間からすると厳しい生活も強いられています。愛知県に住む私も、豪雨の際に短い間ですが停電が発生し、生活に苦労しました。

    そんな時に役立つのがリーフやテスラなどの電気自動車やプリウスPHV、アウトランダーPHVなどのPHEV車ではないでしょうか?

    これらの車は、車を動かすための大きなバッテリーを搭載しており、そのバッテリーの電力を出力できれば停電中であっても電力を使うことが出来ます(もちろん、事前に充電しておくことは必要です)

    主要電気自動車やPHEV車の搭載バッテリーの容量は下記の表の用になっています。

    テスラ モデルS(スタンダード版) 50kWh
    日産 新型リーフ 40kWh
    トヨタ プリウスPHEV 8.8kWh
    三菱 アウトランダーPHEV 10kWh

    一般的な家庭の一日の電力利用量は10Kwhと言われています。テスラやリーフであれば、節約しながら使えば5日ほどは使える可能性があると言うわけですね。

    ですが、PHEV車に関してはガソリンを入れることで電力を車単体で作り出すことができるという利点があるため、ガソリンが手に入る環境であればPHEVも十分に長期間電力を作り出すことができます。

    また電力の出力も殆どの車で1500Wまでの出力ができるため、ドライヤーや電気ポットなどの電力が多く必要な電化製品に対しても電力を供給出来ます。もちろんスマートフォンの充電は朝飯前の容量です。

     クルマの相談所



    クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

    本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

    故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

     ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

    「90万円」高い売却に成功! K様



    コメント:
    愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
    改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

    高く売却できる『おまかせ出品』

    価格の交渉ができるかも!?

    詳細&査定はこちら

    Ancarのサービス詳細はこちら