【三菱 ランサー】歴代の車を紹介しながらその魅力を徹底追求

三菱が誇るスポーツカーランサーエボリューション、ランサーの基本はセダン車と言われています。日本でもランサーエボリューションが近々復活するのではないのかという噂が賑わっております。今回はランサーシリーズについて迫っていきます。


三菱ランサーの特徴

三菱ランサーはどんな車?

ランサーは、三菱自動車工業が生産販売しているコンパクト乗用車です。同社のスポーツセダンのランサーエボリューションや商用車のランサーカーゴなどのベース車両であり、幅広いバリエーションを持つ車です。

1973年にランサーが誕生して以降、三菱を代表する車種になりました。

7代目からは、日本国内での名称をギャランフォルティスに変更して販売されています。

ランサーのキャラクター

三菱・ランサーの特徴は、1つの車種に様々なキャラクターがあることです。商用車やファミリーカー、スポーツカーなど大きく3つのモデルに分けられて、それぞれのモデルにはそのモデルにしか達成できない役割を持ちます。

荷物を沢山積むなら「ランサーカーゴ」、家族とのドライブなら「ランサー」、走行性能を極限まで追求したいなら「ランサーエボリューション」というように、ランサーは様々な用途に対応できるベース車として、クルマの基本を磨いてきた車種です。

世界に誇る「ランサーエボリューション」

三菱・ランサーは、ランサーエボリューションという三菱のスポーツセダンのベース車両として使用されており、エンジンは直列4気筒2000ccターボを採用し、馬力:280300PS、最大トルク:30.043.0kg-mというハイパワーを発揮しました。

ランエボという略称で、世界中から高い評価を得て、世界ラリー選手権(WRC)にも出場し活躍していました。

三菱ランサーの歴代モデル

三菱・ランサーは誕生から約40年以上の歴史を築いてきました。そのランサーの歴代モデルを紹介します。

初代(1973-1979年)駆動方式はFRで誕生しました。4ドアだけでなく2ドアの設定も販売していました。

2代目(1979-1987年)ランサーEXという名称になりました。4ドアセダンのみの設定になりました。

3代目(1988-1991年)名称がランサーに戻り、三菱ミラージュの姉妹車となりました。

4代目(1991-1995年)ベースをミラージュと共有化しました。このモデルからランエボシリーズが設定されました。

5代目(1995-2000年)ベースを完全にミラージュと同一化します。

6代目(2000-2010年)ミラージュと統合され、前期型はランサーセディアという名称で販売、後期型は名称をランサーに戻しました。

7代目(2007)車種名をランサーからギャランフォルティスに変更しました。

三菱ランサーの歴代中古車価格

三菱・ランサーの歴代別中古車価格を紹介します。全体の中古価格相場は約10110万円です。また、ギャランフォルティスの相場は約30250万円です。ランエボシリーズの相場は約69570万円

初代(1973-1979[1])不明

2代目(1979-1987年)不明

3代目(1988-1991年)不明


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら