多用途を極めたスウェデッシュ・エステート!ボルボV60

ボルボ V60画像

ボルボ V60の特徴

ボルボ V60画像

引用元:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/accessories#styling

ボルボ V60の特徴 多彩なライフスタイルをサポートする多用途性

ボルボ V60に与えられたすべての機能は、多用途を求める大人に最適です。快適な室内空間、日常使用からビジネスシーンまでどんな場面でも逞しく走破する高いパフォーマンスを実現しています。またボルボ V60は、充実したラインナップを誇ります。ガソリンとディーゼルモデルを用意、全4グレード6バージョンに加えて特別仕様車と限定車を揃えており、さまざまなライフスタイルで活躍します。

ボルボ V60の特徴 パフォーマンスを感じられるたくましい走り

走る・曲がる・止まるという自動車に求められる基本性能を高いレベルで実現しており、高速道路での直進性の高さやコーナリングにおいても、安心感を与えてくれます。またブレーキの性能も高く十分な制動力を発揮します。
ガソリン車のT3には小型ターボチャージャーを搭載し最高出力152ps、最大トルク250Nmを実現、さらにディーゼルのD4には小型・大型の2つのターボチャージャーを搭載し最大出力190ps、最大トルク400Nmです。いずれもベースモデルでありながらたくましい走りを予感させるスペックです。

ボルボ V60の特徴 ボルボだからこそのインテリセーフ

充実したセーフティテクノロジーが自慢です。先進のミリ波レーダーとデジタルカメラを搭載しており、街中では歩行者やサイクリストを検知して衝突回避したり、自動ブレーキングで危険を回避します。また高速道路で加速・走行・減速・停止までを自動で行うアダプティブクルーズコントロール、車両後方の死角を走る車両の存在を教えてくれるインジケータ・BLIS、駐車する際に活躍するリアビューカメラ、対向車のサイドのみを照らし出すフルアクティブハイビームなど、求められる安全性能のほぼすべてを備えています。

エクステリア・インテリア

ボルボ V60画像

引用元:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60/accessories#styling

ボルボ V60のエクステリア エレガントなルックス

フロントやサイド、リアの全てから見て優美かつ流麗なスタイルを与えました。フロントからリアに向けて延びるライン、リアには大型テールランプを搭載、精悍なフロントフェイスがスポーティーな印象とたくましさを放っており、パワフルな走りを想像させてくれます。18インチホイールを採用することであらゆるシーンで疾走する高い走破性を感じられることでしょう。

ボルボ V60のインテリア 心が高鳴る上質インテリア

北欧の家具を思わせるモダンかつシンプルなスタイルが特徴です。
特筆すべきなのがシートの座り心地でしょう。適度に体重を分散させながら、体をしっかりと支えるという絶妙のバランスです。また自然とヘッドレストに頭がつくため、ロングドライブで生じる体の負担を軽減してくれます。ラゲッジルームは430リットルです。40:20:40に3分割できる可倒式リアシートをアレンジすることで、キャンプ道具やトランクなどさまざまな荷物を積載できるため、高い実用性を備えています。

中古車価格について

ボルボ V60画像

引用元:http://v3wall.com/ja/html/pic_down/1920_1080/pic_down_70466_1920_1080.html

ボルボ V60の歴代モデル 2010年初代前期モデル

初代モデルが発表されたのは2010年になりますが、中古車市場の在庫も充実しています。走行距離や年式、保証付き・補償なし等によって異なりますが、おおよそ本体価格68万円~200万円前後です。
最も安価なものは年式は2011年となっており、走行距離では10万km前後のものが多く見つけられます。車検・法定整備済み、保証付きの在庫も多数あり、ガソリン・ディーゼルモデルもそろっています。

ボルボ V60の歴代モデル 2011年モデル後期

2013年から後期モデルが発売されています。前期モデルと後期モデルでは、ヘッドライト周りのデザインが変更されました。前期モデルは、大きめのヘッドライトを採用していますが、後期モデルではより精悍な印象を感じられるスポーティーなヘッドライトになりました。中古車相場では本体価格158万円~670万円前後になっています。いずれも車検・法定整備済み、保証付きで、4WDモデルが高くなる傾向があります。また特別限定車ポールスターも見つけられます。

ボルボ V60 D4 Classicモデルがおすすめ!

ボルボ V60画像

引用元:https://vc-dealer.net/testdrive/index/63

ボルボ V60 D4 Classicは、標準装備が充実しているためおすすめです。室内の開放感を高めるサンルーフ、手触りがよく見た目にも上質感があり、ロングドライブの負担を減らしてくれるレザーシートが最適なドライビングポジションを記憶しているため、調整する手間を省けます。アーバンウッドパネルの高級感も感じられますし、スポーティーな18インチホイール、デジタル液晶メーター、流麗なフロントデコフレームを搭載するなど充実しています。また燃費性能がよく、大小のターボチャージャーを搭載しているため期待通りの走りを体感できます。

ボルボ V60 D4 Classicモデルの燃費

ボルボ V60 D4 Classicの燃費は、1リットルあたり20.2㎞(JC08モード)と高効率を誇ります。ディーゼルエンジンならではのパワフルな走りも備えています。燃料タンクはボルボ V60 全グレードで67リットルなので、満タン時の最長航続距離は1353.4㎞になります。これは東京大阪間を余裕を持って往復できる距離に相当するため、ビジネスシーンでも日常使いやアウトドアやロングドライブなど多用途で活躍してくれます。

ボルボ V60 D4 Classicモデルの維持費

■年単位でかかる費用
・自動車税:3万9500円+3万円(自動車重量税)
・車検代:3万円~10万円
■毎月かかる費用
・ガソリン代(1年1万㎞):軽油(1リットルあたり110円)年間5万4390円(月額4532円)
・駐車場代:1万円
任意保険代:4万6340円~5万1080円

ボルボ V60 D4 Classicモデルについていてほしいオプション2選

ボルボ V60画像

引用元:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v90-cross-country/intellisafe

オススメオプション フロントビューカメラ(15万228円)

ボルボ V60 D4 Classicにフロントグリルの左右に搭載したカメラの画像をディスプレイモニターに映し出します。車庫から車を出すときや狭い路地裏を移動する際に死角となる左右45度の画像をチェックすることで事故リスクを減少させながらスムーズな移動に貢献します。自宅車庫から車を出す際や路地裏を通ることの多いオーナーにおすすめするオプション装備です。

オススメオプション パークアシストパイロット(11万3508円)

ボルボ V60画像

引用元:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v90/intellisafe

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
ボルボ V60画像