日本でも浸透できるか?絶版車パーツサプライヤー「555GOLD」

かつての名車も部品不足には勝てない

日本の自動車メーカーが、生産・販売したクルマの補修用部品をストックしておく目安はおおむね生産終了から15年ほどです。

PL法(製造物責任法)で決められたメーカーの責任期間は10年とされていますが、実際には15年程度までは部品が出る機会が多いように思われます。

中には生産終了と同時に欠品が出始めたり、特別仕様車や限定車など特別なモデルの場合は、ベースモデルが生産続行しているにも関わらず、部品メーカーの倒産など諸々の理由で部品供給が停止する事は珍しくありません。

それが走行に支障が無い範囲の部品であれば良いのですが、そうした部品が欠品すれば、どんな名車でも維持は困難になります。

最近は「そのクルマのための特別な部品」を使う事が少なくなっており、他車流用が効く事も多く、メーカーによってはよく見るとボディ形状の違いだけで実質2~3車種を何倍にも増やして作っているようなケースがあり、その場合は生産終了後も長く部品供給を受けられるメリットも。

しかし、昔の名車ほどそうしたケースが少なく、部品取り車を入手して「共食い整備」を行わざるを得ず、余計に残存台数を減らす原因にもなっています。

その中でもよほどの名車となると、まだ部品があるうちにメーカーから買い占めてしまった結果、アフターマーケットで価格が高騰したという問題もあったのです。

部分的ながら、旧車用部品を供給する「555ゴールド」

しかし、海外では生産終了したクルマでも需要があればメーカーが長らく部品を供給するケースは多く、自動車メーカーがやらなければ部品メーカーが、といった形で供給するケースもあります。

これまで日本国内ではそうした例が無かったので、過去の名車が発掘されたとしても修復は非常に困難、あるいは多額の費用がかかっていましたが、ようやく2015年、「555ゴールドGOLD」というサービスが誕生しました。

これは自動車用部品卸大手のSPKと、ステアリングやサスペンションのパーツ製造を手がける三恵工業が共同で設立したもので、1970~80年代の国産車を中心に、ステアリング関係や足回り関係のパーツを供給するものです。

外装部品やゴム製品など、経年劣化が激しく保管も難しい部品が無いのは残念ですが、部分的にでもこのような明確に「旧車向け」のサービスが始まった事は歓迎すべきでしょう。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。