【車の駆け込み寺!】ディーラーで修理不可と言われた時に最後に頼るのは?

誰にダメと言われようと、とにかく何とかしてくれるお店

好きな車、惚れ込んだ車に長く乗りたい。
維持し続けて、少しでも長く。

でも、そう簡単な話ではありません。
輸入車でも比較的メジャーな車種や、世界中にコアなマニアがいる車では、メーカー自らが古い部品の再生産を続けているケースもあります。

アメリカなどではその車の「ガワ」だけ使い、中身はエンジンも含めてそっくり別なスペシャルパーツに入れ替え、ドリフト競技などで活躍させるケースもあり、一定の市場を築き上げてますが、オリジナルの状態を維持したい人にとっては違う話ですよね。

そもそも普通の人が、自分の好きな車を手放さざるをえないケースは、こうだと思います。

車検や、何かの故障のタイミングで、ディーラーに行き、修理や整備を求める。

そして宣告されてしまう。

「もう部品がありません。」

大抵はこの一言であきらめてしまうと思います。
せいぜい、インターネットのオークションで中古部品を探すのが関の山でしょう。

筆者の知人でも、ある車の「ベアリング」と呼ばれる部品がもうメーカー欠品だと言われてしまったので、どうにもならないとディーラーに見放されてしまった人がいます。

では、本当にもう完全に、全くダメなのでしょうか?
答えは「100%NOでは無い」です。

ディーラーより駆け込み寺

ハブベアリング  http://www.autofine.com/blog/entry/70074.html

自動車というものは工業製品の塊であり、工業製品であればある程度規格化されています。

そうであるならば、その規格化された部品のカタログの中から、その車に合うものを探し当てる事ができれば。

先ほどの知人は、とあるお店で、そうした「部品を探す」能力を持った人に依頼する事で、愛車をあきらめずに済みました。

自動車ディーラーの全てがそうではありませんが、大抵の場合はメーカーから配布される「部品カタログ」を参照し、該当部品の品番からメーカー在庫を検索します。

メーカーから「無い」と言われれば、もうそれで終わりの場合は多いです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら