消滅した自動車メーカー・もうひとつの国産水平対向エンジン、コニー~愛知機械工業

かつては九九式艦上爆撃機などで知られた「愛知航空機」

後に「コビー」や「ヂャイアント」のブランドで三輪トラックや軽自動車を作る愛知機械工業。

その前身は現在でもガスや水道のメーター製造企業として現存する愛知時計電機の航空機部門で、愛知時計電機自体は1893年(明治26年)の創業(創業当時は「愛知時計製造」)です。

1920年に日本海軍からの委託で「横廠式ロ号甲型水上偵察機」の生産を始めたのを機に航空機部門が立ち上がり、ドイツのハインケル社から技術提供を受けて自社設計機の生産も始めました。

出世作となったのは空母から発着が可能な急降下爆撃機「九九式艦上爆撃機」で、損害も多かったものの、搭乗員が最高の技量を発揮した時には90%以上の凄まじい爆撃命中率を誇り、太平洋戦争でもっとも多くの連合軍艦艇を撃沈した航空機とも言われたのです。

その後も艦上爆撃機「彗星」や水上爆撃機「瑞雲」、艦上爆撃機「流星」、潜水空母用の特殊水上爆撃機「晴嵐」など、数多くの傑作機を作り、また高性能の航空機用水冷エンジン「熱田」を生産していました。

三菱や中島(後の富士重工)など、戦闘機から重爆撃機まで作る大メーカーでは無かったものの、日本海軍にとって無くてはならない航空機メーカーのひとつだったのです。

戦後は自動車メーカーへ

1943年に愛知航空機として愛知時計電機から独立したものの、1945年8月の終戦で航空機メーカーとしての役割を終えました。

三菱や中島のように財閥解体による企業の分割こそ免れたものの、民需生産への転換は避けられず、数度の社名変更を経て1952年に「愛知機械工業」として再出発します。

民需のメインは1947年に三輪トラック「ヂャイアント号」の生産を始めたのを皮切りとする自動車生産で、当初は「ヂャイアント」ブランドの三輪トラックを主体としていましたが、1950年代末期には四輪自動車メーカーへ早々に転換。

当初は「ヂャイアント・コニー」、途中から「コニー」へとブランドを変更しつつ、スバルやスズキ、ダイハツ、マツダと並ぶ軽自動車メーカーとして知られる存在になったのでした。

意欲的だった「コニー」

コニー車最大の特徴は、他車のようにフロントやリアにエンジンを搭載せず、フロア下に搭載した空冷水平対向2気筒エンジンでした。

同時期に同形式のエンジンを採用していたのはパブリカやヨタハチ(トヨタスポーツ800)、商用車のミニエースに空冷2気筒水平対向エンジンを搭載していたトヨタですが、それらがフロントエンジンだったのとは全く異なります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら