メルセデスなマイクロカーを生み出しているスマートはどんな自動車メーカー?

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車の中からスマートについて紹介していきたいと思います。

スマートとは?

2人乗りのマイクロカーが特徴的なスマートはどのような自動車メーカーなのでしょうか。

スマートの設立

スマートは1994年に二人乗りのマイクロカーを発案したスイスの大手時計メーカーのスウォッチが当時のダイムラーベンツと共同で開始した自動車メーカーです。スウォッチは発案当初小型車を得意とするフォルクスワーゲンと業務提携を結ぼうとしましたが実現せず、小型車両を開発したことのないベンツという奇妙な組み合わせとなりました。1998年に販売されたシティクーペは走行中に横転するという問題があり、不具合を根本的に改善するために多額の費用が掛かりました。その際ダイムラーベンツの出資額は設立時に定めていた51%から81%まで引き上げられ、スマートの事業は12年間赤字が続き創業者のスウォッチは完全に撤退していきました。ガソリンの高騰や地球環境への影響から小型車が注目されるようになり、2006年以降は黒字に転換。2019年には電気自動車を販売することを発表しました。

スマートが生み出した名車

スマートが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。スマートの生み出した数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

スマート・フォーツー

スマート・フォーツーは初め創業企業の一つであるスウォッチのスウォッチカーとして開発されました。1997年にフランス東部のハンバッハに生産工場を設立し、翌年の1998年にシティークーペとして販売が開始され2007年まで生産販売されました。その後マイナーチェンジを繰り返し、2014年から販売されている三代目のスマート・フォーツーはルノーとの共同開発によって作成されました。2019年には最終限定使用車のガソリンエンジンモデルを発表し、電気自動車化されることが発表されています。

スマートの魅力ってどんなところ?

スマートはなぜここまで世界的に人気のある自動車になったのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

小さいながらハイクオリティな作り

スマートの販売する車の基準はメルセデス・ベンツの基準で作られています。そのため、ドイツ車ならではの安心感とスポーティな乗り心地を実現しています。また内装にもこだわりを感じられ、マイクロカーであることを忘れさせます。2人乗りだけではなくスマート・フォーフォーという4人乗りの車も登場しており、これからの活躍が期待されます。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?