未来のマツダRXの運命はCX-5にかかっている!?

次期RXシリーズはCX-5が鍵を握っている!?

マツダが誇るピュアスポーツ、RXシリーズの次世代コンセプトモデルは、2015年の東京モーターショーで姿を現しました。 しかし、その後デビューに向けた情報は未だ発表されていません。 誰もが気になるこの話題を、2016年のロサンゼルス・オートショーにてAutocarがぶつけました。 研究開発責任者、ふじわらきよし氏の返答は、新しいCX-5が鍵を握っているというもの。 RXシリーズ自体の製造コストが高くなってしまうことは予想されていましたが、どういうことなのでしょうか?

CX-5が売れないとRXの開発が進まない

「新型CX-5の販売は、収益面でマツダにとって非常に重要な役割を担っています。 つまり、新型CX-5の成功なくして、RXシリーズの開発は難しいということです」と、藤原氏はAutocarに語りました。 だからと言ってマツダの技術者たちは、その結果を待ちわびているだけではありません。 研究開発責任者によると、約10人から100人のチームが次世代ロータリーエンジンの開発に取り組んでいるとのこと。 「私達の辞書にはロータリー技術の「停止」と言う言葉はありません。どんな状況であっても、常に新しい技術を研究していく。それこそが私たち職人のあるべき姿であり、技術革新を生み出す根源であると信じています。」

復活するロータリーエンジンはガソリン? ハイブリッド? EV?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら