国産エンジン史軽自動車・60年代にリッター100馬力超え!第1次軽パワーウォーズ

国産エンジンの歴史をさまざまなジャンル・角度から解説していくシリーズ、軽自動車編その3は、ホンダN360の登場で突如勃発、そしてオイルショックと排ガス規制により、6年ほどで突然終了した第1次軽自動車パワーウォーズです。


初期の牧歌的な軽自動車エンジン

1958年にスバル360が十分な動力性能と居住性を両立させた初めての軽自動車としてデビューし、その後各社から実用性の高いモデルが続々とデビューしていました。

とはいえ、当時の軽自動車用エンジンといえば20馬力前後。

「軽いし、これで十分」とばかりにハイパワーで高速走行するなど求められず、実際にシティコミューターとしては満足いく性能でした。

数少ない例外といえばホンダの軽トラック、T360が4気筒4サイクルDOHCエンジンで30馬力という、当時は普通車でさえそんなものは積んでいない精密機械のようなエンジンを積んでいたくらいです。

しかし、荷台に満載しても十分な走行性能を持つ軽トラック、という以外に見るべきところが無かったのも確かであり、そもそもはお蔵入りになったスポーツカーのS360用。

ホンダでさえ継続的に発展させるようなエンジンではありませんでしたから、1963年にT360がデビューしてからも、各社特にハイパワーな軽自動車用エンジンなんて作っていませんでした。

過激な二輪車の思想を持ち込んだホンダN360

しかし、1967年に突然ホンダが8,500回転で31馬力を叩き出す空冷直列2気筒4サイクルSOHCエンジンを搭載した軽乗用車、N360をデビューさせます。

それまで培った二輪車での高回転高出力エンジンの過激な技術を牧歌的だった軽乗用車の世界に持ち込み、スムーズに回る4サイクルエンジンで100km/h以上に加速していくN360は市場から熱狂的に迎え入れられ、軽乗用車の定番、スバル360が保持していた販売台数トップの座を一気に奪取してしまったのです。

それまで20馬力程度だったライバル各社の軽自動車はスバル360に限らずどれも一挙に陳腐化してしまい、危機感を感じた各メーカーはとりあえず既存の2サイクルエンジンに高回転化やツインキャブの装着などでパワーアップをはかり、ここに第1次軽自動車パワーウォーズが勃発したのでした。

老兵スバル360、ヤングSSの名と共に散る

N360に追いつくべくパワーウォーズに名乗りを上げたのは、軽自動車ナンバーワンの座を奪回すべく燃えるスバルでした。

スバル360 ヤングSSという、老兵に無理やり若者向けの服を着せたようなネーミングで登場し、ツインキャブを装着し36馬力にパワーアップはされていたのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら