イギリスで復活された、1972年製トヨタ クラウン デラックスが渋すぎる!

イギリスで復活された、たった2台だけのトヨタ クラウン デラックス

トヨタ クラウン デラックスの復活劇は、BMW M1などのモデルに比べて魅力的には聞こえないかもしれません。 しかし、この1台はどうでしょうか。イギリスで復活されたクラウンデラックスには、ストーリーが隠されていました。

クラウン デラックスの軌跡

1972年、トヨタ クラウン デラックスは、イギリスで生産されたラインナップの中で最もラグジュアリーなモデルでした。 所有者であるペルシー・コール氏は、2303ユーロ(28万円)でクラウン デラックスを買ったと言います。現在の価格では、$36,800(420万円ほど)。 そんなクラウンデラックスが、40年の時代を経て、孫の手によって復活されました。

まだまだ現役?どのように整備されてきたのか?

クラウンデラックスの保存状態は良く、これまで乗ってきた中でも時速50キロ以上の速度で走っていなかったようです。 1972年製クラウン デラックスは、2.6リッターガソリンエンジン搭載、最高出力140hp、最大トルク164 lb-ft で、今までの走行距離は約96600kmということで、30年以上経っている車としては低走行距離なのではないでしょうか。 最終的に、購入者であるペルシー・コール氏の息子によって10年間保存されていました。

トヨタ クラウン デラックスを復活させるための莫大な修理代

錆びれたバルブ、ねじれたドラムブレーキ、さらには、エンジンマフラーには穴があいていたそうです。 売りに出そうとしたときには、クラウン デラックスは修理の必要がありました。 そんな折、クラシックカーマニアのロビン・シェパード氏が噂を聞きつけ、修理に取り掛かりました。 奇遇だったのが、ロビン・シェパード氏の親友が元々の所有者の孫だったのです! そして、クラウン デラックスは、イギリスでたった2台の公道車として、見事に生まれ変わりました! 生産が終了しているため二度と増えることのない、こういった車は皆で大事にして、後世に残して行きたいものですね。

Why Can’t Toyota Build New Cars As Cool As This Rare Crown De Luxe?

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら