超小型車の時代その12・実証実験進む超小型モビリティ、普及の壁は?

遅々として進まない超小型モビリティの実情

ここまで当シリーズでは過去・現在・国内外の超小型車を紹介してきましたが、その間に「超小型モビリティ」について、何らかの進展があったかというと厳しいと言わざるを得ません。

そもそも「超小型モビリティ」は2012年4月、国土交通省が自動二輪車(いわゆるオートバイ)と軽自動車の中間にあたる車種として、道路運送車両法で新しく定義する事を検討した事が始まりでした。

既にその当時は日産 ニューモビリティーコンセプトやトヨタ コムスが実際に公道を走行する実証実験を行っており、軽自動車登録で使う事自体には問題無かったのです。

しかし、その当時メディアで取り上げられ、「早ければあと3年ほどで超小型モビリティが街のあちこちを走るようになる」とまで持ち上げられたものの、2016年8月現在、未だに実証実験レベルにとどまっています。

「超小型モビリティ」の実現、そして普及の壁となっているものは何でしょうか?

コストパフォーマンスの問題

超小型モビリティは先に書いたように「自動二輪車以上、軽自動車以下」のクルマです。

そのため、軽自動車に対し価格や税制面でのアドバンテージが無ければ普及が見込めません。

しかし現状で市販されているトヨタ コムスの例で挙げれば最低価格は687,085円(税込)から。

軽トラですと例えばダイハツ ハイゼットは599,400円なので明らかに安くて荷物ははるかに積めます。

いやいや乗用車で比べないと…というのであれば、スズキのアルトバンなら696,600円からと、ほとんど変わらず4人乗りで窓もドアもあり。

もちろん購入時の諸経費や毎年の税金、車検代などで実際にはコムスの方がトータルではそれなりに安くなりますが、「その程度ならちょっとお金を出せばちゃんとしたクルマが買える」のも事実です。

せめて40万円代、できれば30万円代にならないと、安い軽自動車には勝てないでしょう。

意外に深い駐車場の問題

また、駐車場の問題が意外と大きなものとなります。

国土交通省のガイドラインを見れば、「超小型モビリティなら駐車スペースは少なくて済む」となっており、それは事実です。

しかし、現実には超小型モビリティでないと駐車できないような駐車場は、そうそう存在しません。

大抵の駐車場は最低でも軽自動車を止められる程度のスペースが確保されており、超小型モビリティ向けの駐車場はある程度普及が進まないと、好んで整備しようという駐車場オーナーはいないでしょう。

かといって、駐輪場に停めるには大きすぎますし、路上駐車をして許されるわけでもありません。

歩道に止めるなどもってのほかですから、せっかくの超小型モビリティでも、結局は普通のクルマと同じ駐車場で、同じ駐車料金を払わなくてはいけません。

そもそも都市部では駐車場の数さえ十分ではないので、駐車場を探しているうちに、結局バスか電車で来ても変わらないほど目的地から遠い場所に止めざるをえないケースもあるでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら