徹底解説!!ヴォクゾール・ロータス・カールトンの魅力とは!?

これからでも海を越えてくることを強く願うヴォクゾール。全貌をあなたは知っていますか?

アメリカが知り得なかった、イギリスの隠れたスーパーカー

シボレー・カマロより俊足の90年代のセダン!まさに必見!!

イギリス東部のヘセル市に拠点を置くロータス社は、F1レーシングカーや「エリーゼ」などのライトウェイト・スポーツカーで知られますが、他メーカー車のチューナーとしても輝かしい歴史を持っています。

1960年代に、当時のフォードで標準的なセダンだった「コルティナ」をスーパーカーに改造していますが、それ以来高性能エンジンや特製シャシーの開発ノウハウを積んできました。

同社は、日産「GT-R」やシボレー「コルベットC4」もチューニングしているほか、映画で有名な「デロリアンDMC-12」もロータスの作品です。

そこで今回、どのクルマを紹介するか悩みましたが、北米はもちろん、日本にも正規に輸入されていなかったロータス車である「ヴォグゾール・ロータス・カールトン」を選ぶことにしました。

ヴォグゾール「カールトン」は、ドイツ車であるオペル「オメガ」のイギリス版です(イギリスでは今でもヴォグゾールのブランドでオペル車を販売しています)。

ベース車両のカールトンは、大人しいタイプの大型セダンでした。

それでも当時は、メルセデス・BMW・アウディといった、現在では「ドイツ御三家」と呼ばれるライバルたちの勢いがそこまで強力ではなかったので、対等に市場で渡り合えていた良き時代でした。

ただ、ロータスとしても、別にこのカールトンをレーシング向けマシンにまで改造するつもりはありませんでした。

親会社GMの意向も多少はあったのでしょうが、これをハイパフォーマンスカーに仕上げることはできるだろう、それならやってみよう、といったノリで開発されたというのが、事実のようです。

こうして、平凡なセダンだったカールトンは、377PSを発生するスポーツセダンへと変貌を遂げました。

もともとも直列6気筒エンジンに、2つの強力なターボチャージャーを追加したためでした。

この出力は、なんとV8フェラーリ「F355」をも若干上回るものです。0〜60mph(0〜100km/h)加速はたったの5.2秒で、177mph(285km/h)という最高速度をもって、当時世界最速の4ドアセダンとなりました。

カタログモデルとしては、2005年にベントレー「コンチネンタル・フライングスパー」が195mph(312km/h)を出すまで、最速の座を譲らぬセダンだったのです。

しかし、単にハイパワーなだけでは使い勝手が悪くなります。

当初、スタビリティコントロールやトラクションコントロールもなく、大型セダンにしては珍しく実用性に欠けるとの評判でしたが、途中でロータス社がサスペンションにも手を加えたお陰で、ロードゴーイングカーとしても遜色のないクオリティーに改良されました。

気になるお値段ですが、1990年当時の為替レートで換算すると、米国での価格は(2015年現在の水準に合わせると)約17万1600ドル、日本円で約2060万円だったことになります。

フェラーリより強い、それでいて少し安い。こんなクルマが、海を越えなかったのが残念に思われるほどです。

たまには、そんなヤングクラシックに思いを馳せてみるのも乙ではないでしょうか。

Great British Cars That America Missed Out On: Vauxhall Lotus Carlton

〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら