アウディがBMW・i8のようなEVスポーツカーを計画中

アウディのEV攻勢の計画は?

アウディはすでに、将来的な電気自動車(EV)の開発計画を公表しています。 その中でアウディは2020年までに、テスラやフォルクスワーゲンに追いつくべく、3種類のEVを発売するとしています。 さらに今年3月のジュネーブサロンでは、『オートエクスプレス』誌とのインタビューにおいて、アウディのCEOルーパート・シュタットラーCEOが「そのうちの1車種はBMWのi8と真っ向から対決するEVスポーツカーになる」との内容を明らかにしました。 それ以上の詳細は明かさなかったものの、シュタットラー氏はそのスポーツカーが、EVのSUV(新型モデル)を発売したあとにデビューすると述べています。

コンパクトモデルだけでなく、SUVもEV車群に必要と判断

これは、VWからも「I.D.」の仮称で発表が予告されているコンパクトカーと同じような車格のものとなり、登場は前述のEVスポーツカーと同じ時期が予定されています。 EV計画について、シュタットラー氏は次のように述べています。 「SUVをEV車群に加えることは必要だと判断しました。 実は空力面からして構造設計が多少難しいのですが、SUVに乗りたいユーザーが多い点や、業界全体のブームは尊重しないといけません。 これはすでに2〜3年前に決定した事項ですが、今でも正しい決断だったと信じています。」 アウディのピュアEVのSUVは、「e-tronクアトロコンセプト」としてすでにコンセプト版がプレビューされています。 量産車もこれに似たデザインとなる見込みですが、正式名称は「Q6」とはならないはずです。 また、今回シュタットラー氏が明らかにした内容としては、アウディのピュアEVコンパクトは、VWのI.D.と同じ168PSの電気モーターを搭載するということです。 ということは、その航続距離は320km〜600kmの間となるでしょう。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら