アメリカで「BMW・i3のレンジエクステンダーはポンコツだ」と裁判沙汰に

事故にはつながっていないものの、実際に体験したドライバーの不安は大きいようです。


ここでのポンコツとは「機能しない」という意味です。

先日、アメリカでBMWの電気自動車「i3」に関して、ある訴訟が起こされました。
それによると、同車の技術に見過ごせない欠陥が発覚したということのようです。
あるアメリカ人ユーザーが、i3のレンジエクステンダー(航続距離延長型)を運転中、突然のパワーダウンに見舞われたというのが、その訴訟の内容でした。
ある一定以上の「負荷」がかかると、i3の速力が何の警告もなしに低下してしまう…そんなことが実際に起きる可能性があるということです。
負荷と言っても、定員いっぱいで乗車する、あるいはちょっとした坂を登るといった程度のことです。
そのどちらの場合も、レンジエクステンダー機能がオンになっているときに起きた不具合でした。

原告であるユーザーのEdo Tsoar氏は、すでにこの現象を数回経験していると述べており、怖いので1回のドライヴ距離を130km以内に抑えるようにしているとのことです。
このレンジエクステンダーというのは、基本的には発電用に2気筒のガソリンエンジン(34PS)を搭載し、バッテリー残量が低下した際にエンジンが始動するシステムです。
これによって航続距離は、バッテリーのみの130kmから241kmへ大幅に向上するとされていました。
しかしガソリンエンジンがかかっているのに、まったくスピードが出ないとなると、使い物にはなりません。
Tsoar氏は訴状の中で、メーカーであるBMWがi3ユーザーに弁償を行うか、全車を買い戻すよう求めています。
また訴状によれば、ほかのi3ユーザーも「レンジエクステンダー機能が作動中、走行中のスピードが半分に落ちてしまった」事象について、政府機関に申告したということです。
現在のところ、BMWはコメントが出来ないとしており、今後の対応が注目されます。

Some Guy Is Suing BMW Because The i3's Range Extender Is Crap
Some Guy Is Suing BMW Because The i3’s Range Extender Is Crapwww.carbuzz.com

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?