アメリカで「BMW・i3のレンジエクステンダーはポンコツだ」と裁判沙汰に

事故にはつながっていないものの、実際に体験したドライバーの不安は大きいようです。


ここでのポンコツとは「機能しない」という意味です。

先日、アメリカでBMWの電気自動車「i3」に関して、ある訴訟が起こされました。

それによると、同車の技術に見過ごせない欠陥が発覚したということのようです。

あるアメリカ人ユーザーが、i3のレンジエクステンダー(航続距離延長型)を運転中、突然のパワーダウンに見舞われたというのが、その訴訟の内容でした。

ある一定以上の「負荷」がかかると、i3の速力が何の警告もなしに低下してしまう…そんなことが実際に起きる可能性があるということです。

負荷と言っても、定員いっぱいで乗車する、あるいはちょっとした坂を登るといった程度のことです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら