クラシックカーの祭典 La Festa Mille Miglia レポート

歴史あるクラッシクカーの祭典〝La Festa Mille Miglia 2015〟が10/16から本日19日までの3日間で開催されました。

www.lafestamm.com

イタリアで行われていた伝説的な公道レース〝Mille Miglia〟

もともとは1927年にイタリアで始まったイベントで非常に歴史のある公道を使ったレースです。
イタリアの北部にあるブレシアからスタート。南に進みローマで折り返し、再びブレシアを目指します。

その距離1000マイル…イタリア語で「 ミッレ・ミリア(Mille Miglia) 」を競うことから大会の名前が付けられました。

当時は多くの有名自動車メーカーが参加していて、中にはメーカーの支援を国が行っているところもありました。昔から多くの人が関心を寄せるビックイベントだったのです。

開催の中止

そんな盛り上がりを見せる中【第2次世界大戦】が勃発。
戦争中はやむを得ず、大会は中止されていました。
しかし人々に本当に愛されていたイベントだったため、再開に向けて多くの人が動き、なんと終戦からわずか2年足らずで大会が再開されました。

再開後は戦後の新興メーカーも多数参加し、よりイベントは愛され、盛り上がるようになっていきました。

そんな大盛況を見せていたこの大会ですが、1957年に悲しい惨事が起きてしまいます。
大会中に観客を巻き込む大事故が発生しました。この事故でドライバー2名と観客11名(うち5名は10歳以下の子供)が亡くなってしまいます。

(参照元)

1957”Nƒ~ƒbƒŒEƒ~ƒŠƒA‚Å‚ÌŽ–ŒÌ
1957”Nƒ~ƒbƒŒEƒ~ƒŠƒA‚Å‚ÌŽ–ŒÌafw.fc2web.com

事態を重く見たイタリア政府は、以降の大会中止を主催者に命じ、30年間の歴史ある大会は幕を閉じることになりました。

afw.fc2web.com

復活、そして日本へ

20年間の沈黙を経たのち、「当時参戦した実車とその同型車」のみの参加で、レースの方式もタイムトライアル方式に変えられ、公式クラシックカーレース「 ミッレミリア・ストーリカ(Mille Miglia Storica) 」として復活。

現在も情熱的なレースが行われています。

そんな熱いレースが日本に来たのは1992年のことです。
テレビ局がレースをまるごと日本に招き、〝Mille Miglia〟の日本版として始まったのが〝La Festa Mille Miglia〟なのです。もちろん本場同様1000マイルをの距離を競います。

その後、バブル崩壊や震災の影響から大会名や運営が変わるなど、様々なことが起きたましたが2013年には名称も戻され、1997年に今の形に落ち着いてから今年で19回目となる今大会に至ります。

〝La Festa Mille Miglia 2015〟

画像引用

今回はスタート地点であり、ゴール地点でもある原宿の明治神宮にてスタート前の様子や筆者が気になったクラシックカー数台をご紹介いたします。

画像引用

当日はあいにくの雨でしたが、多くのレーサーと観客が集まりました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら