アルファロメオにスーパーカーが登場か!?

このまま今のまま販売台数が伸びていけば可能性も

アルファロメオは1952年の販売された1900 C52 Disco Volanteの復刻モデルを販売して思いのほか、反響が大きかった事にびっくりしていました。 そんな中、イタリアのクルマデザイナーのAlex Imnadzeが作ったデザインはアルファロメオを驚かせたはずです。 彼は最近ポルシェ918スパイダーをデザインを手掛け、成功へと導きました。 さらにBMWのM1シャークコンセプトのレンダリングをして話題になっています。 そして今回彼が作ったのはアルファロメオのスーパーカーコンセプトになります。

デザインのアイデア

彼がインスピレーションを受けたのは1927年から1954年の間に製造された1952と6cで、メインデザインは女性の身体をイメージしているとALEXは話していました。 8CのエンジンはV8 4.7リッター450馬力を誇りますが、100㎞まで4.2秒ですが、現在販売されている Giulia QVはV6 2.9リッターツインターボで505馬力、443 lb-ftを発生させる事を考えると好き嫌いが別れるスペックかもしれません。

Giulia QV100㎞まで3.8秒、そして最高速度307㎞となっています。 アルファロメオはつい先日販売台数の増加を記録しましたので、このまま販売台数が増えていけばALEXのスーパーカーが実現になる可能性がありますので、楽しみにして待ってみてはいかがでしょう。

This Alfa Romeo Supercar Is The Stuff Of DreamsAncar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら