60年以上の歴史に幕を閉じたランドローバー・ディフェンダー。後継車はこうなる!?

ランドローバーっぽさを強調したCGを、アーティストが公開

先日、ついに生産を終了したランドローバー「ディフェンダー」

同社では、皆に愛されたあのディフェンダーの後継モデルとなるSUVを、2019年までに発売するとしています。

しかしそれはまた、市場からの高い期待に応えなくてはならないという、重責を担うクルマでもあります。

ディフェンダーの伝説を受け継ぐ任務だけでなく、あの機動性と強靱さを兼ね備えたものでなくてはならないわけです。

果たして、その後継車とは、そうしたニーズを満たす仕上がりになるのでしょうか?

答えは「Yes」でしょう。

今からすると半世紀も前に設計され、最後に行われたモデルチェンジからもすでに25年という、化石のようなモデルだったディフェンダー。

我々も、開発陣があのエッセンスをそのままに、新型モデルを造り出してくれるものと確信しています。

では、一体どんなルックスで登場するのか?それが問題です。

2011年のフランクフルトショウで、ランドローバーは「DC100」というコンセプトモデルを公開しています。

このデザインを基にして、才能あるデジタルアーティストたちが、ディフェンダー後継車にふさわしい光景をCGで作り上げました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら