フォルクスワーゲンを救った「ゴルフ」はどのようにして誕生したのでしょう?

ビートルからの世代交代失敗であえぐフォルクスワーゲン

第二次世界大戦の敗戦で荒廃したドイツ(当時の西ドイツ)復興の要として大きな役割を果たした名車、ビートル(フォルクスワーゲン タイプ1)。 フォルクスワーゲン(以下VW)は事実上、そのビートルを作るためだけに再建されたと言っても過言ではありません。 実際、ビートルをベースにした「ワーゲンバス」ことタイプ2までは成功を収めたものの、ビートル後継になるはずだったタイプ3(1961年登場のVW1500/VW1600)やタイプ4(1968年登場のVW411/VW412)は大失敗に終わり、結局ビートルを継続生産せざるをえませんでした。 結果、戦後1946年に復活してから通算して20年近く経ってもビートルを作らねばならず、増産のため1964年にはアウトユニオン(現在のアウディ)を買収せねばならなかったほどです。 さらに1969年には世界初のロータリーエンジン車を市販したことで知られるNSUを買収してアウトユニオン傘下に収め、そのFF車K70をVWブランドで販売したもののこれも失敗。 ビートルが売れているうちはともかく、その後の見通しが全く立たない状況で1970年代を迎えることになりました。

ポルシェの開発したビートル後継車、EA266

しかし、当時のVW社長、ハインリヒ・ノルトホフ氏とてその苦境に打つ手が無かったわけではありません。 ビートルの改良以外何もしていないと責められれば数多くの試作車を公開するなど批判をかわしつつ、ポルシェに画期的な小型大衆車、EA266の開発を委託していたのです。 EA266は後席床下、つまりアンダーフロアミッドシップに1.6リッター直4水冷エンジンを搭載し、後輪を駆動する2BOXスタイルの小型車でした。 エンジンを床下にコンパクトに収めたためフロントのボンネット下は単なる荷室で衝突時にはクラッシャブルゾーンとして機能するため安全性が高く、重量物が車体中心に集中するためスポーツカー並のハンドリングを誇ります。 さらにボンネット下のほか、後席の後ろにも荷物を置けたので実用性も高いとみなされ、非常に実用性の高いものでした。 ただし、エンジンルームをコンパクトに収めすぎたのは後の発展性に不安がありますし、フロントが軽すぎるとハンドルに伝わるフロントタイヤの感触が薄く、フル乗車でフロントが空荷、上り坂などリアに重心が偏る時はハンドルがスカスカで不安になりそうです。

火消しのルドルフ、叫ぶ。「今すぐ作り直せ!」

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら