BMW新型X1ディーゼルに試乗!万能コンパクトSUV がすごい!

BMW新型X1のディーゼルモデルが2016年10月に発売されました。 BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルとなっています。 今回は、新モデルの様々な特徴や機能などについてご紹介します。

【BMW 新型X1 ディーゼル】の特徴について

BMW X1:NEW BMW X1 xDrive18d

軽量、高性能、高効率を実現した、新世代の直列4気筒ディーゼル・エンジンを搭載しており、 8速オートマチック・トランスミッションとあいまって、最高の効率と極めて滑らかなシフト・チェンジを実現します。

トルクフルで高効率。BMWの革新を凝縮した、新世代パワー・ユニット。

【最先端のテクノロジーによって環境に優しい走りを実現】  従来のディーゼルのイメージを覆す排気量を実現してします。 【坂道や高速道路など、日常のあらゆるシーンでパワーを実感】  傾斜のきつい坂道を軽快に上りきることができ、高速道路でもスムーズに合流することができます。 【新型X1 xDrive 18d なら、燃料消費率は19.6km/ℓ】  ガソリン・エンジンと比べて約34%も低燃費。一度の給油で長い距離を走ることができます。 【ガソリンよりも約31円/ℓ OFF】  軽油は、ガソリンよりも1ℓあたり約31円も低価格になっています。

多才な機能性

【LEDヘッドライト】 LEDテクノロジーを採用したヘッドライト。バイ・キセノン・ヘッドライトを上回るコントラストでさらに明るく輝きます。夜間はもちろん悪天候の日中でも優れた視認性を発揮し、走行安全性と快適性を高めます。

【HDDナビゲーション・システム】 高解像度カラー・ワイド・ディスプレイを採用したナビゲーション・システム。視認性に優れた地図デザインと、容易に現在位置を把握できます。

【フレキシブルに活用できるラゲージ・ルーム】 多彩な収納ニーズに対応しています。リヤ・シートをスライドさせて足元のスペースを広げたり、手がふさがっている時でも自動でテールゲートの開閉が可能。

Safety Technology

【レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)】 車線からクルマが逸脱しようとすると、ステアリング・ホイールを振動させて、ドライバーに危険を知らせます。 【前車接近警告機能 / 衝突回避・被害軽減ブレーキ】 衝突の危険を察知すると、「前車接近警告機能」が、表示とアラーム音の2段階で警告します。さらに歩行者や障害物などとの衝突が避けられないと判断すると、自動的にブレーキをかけます。 【BMW コネクテッド・ドライブ・スタンダード】 事故発生時にコールセンターに自動でつながるBMW SOSコール と、整備関連の情報を車両から正規ディーラーに送信して適切なメインテナンスを行うBMWテレサービスを標準装備しています。 【リヤ・ビュー・カメラ】 車両後方の障害物や歩行者をコントロール・ディスプレイに表示。目標とする駐車スペースに十分な広さがあるかを確認することができます。

【BMW新型X1ディーゼル】の主なグレード

新型BMW X1 xDrive18d

ニューBMW X1 xDrive18dには、最新のBMWツインパワー・ターボ・テクノロジーとアルミニウム合金製クランク・ケースの採用により、軽量、高性能、高効率を実現した、新世代の直列4気筒ディーゼル・エンジンを搭載。エクステリア、インテリアともにシンプルかつスタイリッシュに仕上げたStandardとなっています。

新型BMW X1 xDrive18d xLine

SAVならではの逞しさとエレガンスを融合させたxLine。クローム仕上げのキドニー・グリルや専用のアロイ・ホイール、マット・シルバーのアンダー・ガードなどの装備が、個性をいっそう際立た車体となっています。

新型BMW X1 xDrive18d M Sport

モータースポーツの興奮を全身にまとう、MSport。空力性能を最適化するM エアロダイナミクス・パッケージや専用サスペンションによって、その姿と走りをよりスポーティに磨き上げています。

エクステリア・インテリア

FFベースに転身したエクステリア

先代はFRベースでしたが現行はFFベースに転身し、ノーズが短くなった分居住スペースが広くなりました。また、FFベースになってよりSUVらしいプロポーションになりました。 テールランプはひと目でBMWだとわかる他シリーズと共通のデザインです。試乗車はxLineグレードだったので、フロント・リアにアンダーカバー&サイドスカートがついてます。 スリーサイズは、 全長4,455mm 全幅1,820mm 全高1,610mm で、大きく見えますが実際は新型CX-5の外殻にスッポリ収まるサイズ感です。

高級感のあるインテリア

「ハイラインパッケージ」というオプションで紹介していきます。 ・パーフォレーテッドダコタレザーシート ・電動フロントシート ・フロントシートヒーティング ・ウッドインテリアトリム このパッケージだけで税込28万円のオプションです。

【パーフォレーテッドダコタレザーシート】 センターコンソール付近も同色のステッチ入りレザー装飾が施されていて上質な雰囲気が漂います。

【電動フロントシート】 前後 高低 角度 背もたれ の8way電動フロントシートです。メモリー機能もあります。また、ランバーサポートの調整は出来ず、手動でも調整できない機構となっています。

【フロントシートヒーティング】 エアコンスイッチ部に運転席・助手席のシートヒーティングスイッチがあり、3段階の調整となっています。

【ウッドインテリアトリム】 濃色のウッド模様がダッシュボードを横切るカタチで配されてます。

燃費について

ディーゼル車カタログ値:19.6km/L ディーゼル実燃費:13.53km/L 実燃費は、カタログ値よりも約30%割引となっています。 新型BMW X1の目玉は、何と言ってもクリーンディーゼル・エンジンの追加です。 ハイブリッド車は電気モーターを使用する事によって、エンジンの稼働時間(負担)を減らし、有毒性のある排気ガスを低減させるシステムです。 一方クリーンディーゼル車は、排気ガスそのものを浄化して排出するので、環境保護を考えた場合は、こちらの方がより環境に優しいエンジンになります。

維持費について

自動車税は毎年4月1日時点の車の保有者(ローンで購入した場合、使用者)が必ず支払う必要がある税金になります。BMW・X1の場合、総排気量1.0リットル超1.5リットル以下と総排気量1.5リットル超2.0リットル以下に該当しますので、自動車税はそれぞれ、年間34,500円、年間39,500円が必要になってきます。

新車価格・中古車価格について

グレード別新車価格

【X1 xDrive18d】 8速AT5ドア右ハンドル 価格 ¥4,400,000 燃費 19.6km/L エンジン 直列4気筒DOHCディーゼル 総排気量 1,995cc 最高出力 110kW〔150ps〕/ 4,000rpm(EEC) 最大トルク 330Nm〔33.7kgm〕/ 1,750-4,000rpm(EEC) 【X1 xDrive 18d xLine】 8速AT5ドア右ハンドル 価格 ¥4,680,000 燃費 19.6km/L エンジン 直列4気筒DOHCディーゼル 総排気量 1,995cc 最高出力 110kW〔150ps〕/ 4,000rpm(EEC) 最大トルク 330Nm〔33.7kgm〕/ 1,750-4,000rpm(EEC) 【X1 xDrive 18d M Sport】 8速AT5ドア右ハンドル 価格 ¥4,860,000 燃費 19.6km/L エンジン 直列4気筒DOHCディーゼル 総排気量 1,995cc 最高出力 110kW〔150ps〕/ 4,000rpm(EEC) 最大トルク 330Nm〔33.7kgm〕/ 1,750-4,000rpm(EEC) スペック的にはグレード別に見ると違いがありますが、 同グレードのライン毎に違いはないことが見てわかります。

値引き情報について

テーブル

行追加3列2列見出し編集車種車両値引き額オプション値引き額行削除X1 2015年モデルxDrive18d xLine50万円30万円行削除X1 2015年モデルxDrive18d M Sport0円0円行削除X1 2015年モデルxDrive18d40万円5万円

クリックして参考文献名 or 参考 URL 入力

中古車相場について

2016年11月現在、新型X1は新車価格から20~40万円引きの価格で販売されています。 新型X1全体の相場としては400万円くらいとなっており、中古でもあまり安くなっていない状態です。(中古車のほとんどが距離数1万キロ未満であるため)

オススメ動画

まとめ

X1ディーゼルは自動車評論家やオーナー達から、下記の点で、高く評価されています。 ・低燃費 ・給油代が安い ・カーブが気持ちいい ・加速感がスゴイ このように日常からドライビングを楽しむことができます。日常でドライビングの楽しさを味わえて、燃費も良いため、満足度が高いのも納得します。 街乗りでよく使う低回転域で、最大トルクを発揮。十分な加速を簡単に味わうことができます。 また、カーブ中の安定感も抜群で、乗り心地も確保。その上、燃料費をケチるためにアクセルを我慢せずに走行できます。 このようにBMW X1ディーゼルは日常の街乗りでも、ドライビングの楽しさを味わうことが可能です。

BMWのi3、ピュアEV初のホットハッチ候補に? – Ancar Channel【アンカーチャンネル】


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら