ポルシェの新時代を“タイカン”せよ!

ポルシェ創立70周年モデルとして同社初のEV「ミッションE」がフランクフルトモーターショー2015で発表され、市販化が発表されました。そして正式名称が『ポルシェ タイカン』になる事がオリバー・ブルーメCEOから正式に発表されました。

名前の由来は1925年からポルシェのエンブレムでも使用されている「活気のある若い馬」と言う意味からきています。

919ハイブリッドような刺激的な走り

ポルシェのブランドアンバサダーである元F1パイロットのマーク・ウェバー氏はこの発表の前にタイカンの開発車両でテストコースを走行し述べた言葉です。

600馬力(440kW)以上のシステム出力を持つ2つの永久励磁同期電動機(PSM)は、電気スポーツカーを3.5秒未満で100km / h、12秒未満で200km / hに加速します。この性能は、電気自動車の中で前例のない連続的な出力レベルに加えて、パフォーマンスを損なうことなく複数のジャンプスタートが連続して可能であり、車両の最大範囲はNEDCに従って500km以上です。搭載される800Vのバッテリーは、15分充電で400kmの航続距離を確保しているようです。

SNSなどで日本国内での公道テストも行われており、国内発売はほぼ間違いないでしょう。

ポルシェは、このタイカンをはじめとしたEV事業に60億ユーロの投資を2022年まで行い(当初は30億ユーロ)、新たな工場・組み立てシステム・開発センターそしてそれに伴う雇用も行います。既に工場の建設はスタートしており、1200人が生産スタッフとして雇用されています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら