【何かわかりますか?】EFI、e4WD、EURO6、EBD(今さら聞けない車略語)

EFI(いーえふあい)

Electronic Fuel Injectionの略で、「電子制御式燃料噴射装置」のこと。 もっとわかりやすく言うと、コンピュータ制御で燃焼を最適化した形でエンジンに燃料を噴射する装置の、トヨタ式の名称です。 トヨタとダイハツ独自の名称なので、スズキでは「EPI」、ホンダでは「PGM-FI」など、割と好き勝手な名称で呼ばれています。 そのため、メーカー問わず呼ぶ時は「インジェクション」と言ったりも。 コンピューターを使わないアナログ式制御の機械式インジェクションもありますが、これは「機械式インジェクション」とのそのまま言うので、単にインジェクションと言えばコンピューター制御だと思ってください。 昔はこのインジェクションが横Gや戦闘機なんかで背面飛行した時のマイナスGなど、急激な機動を行ってもキチンとエンジンに燃料が行くための装置でした。 燃料を霧状にして空気と混合、エンジンに送り込むキャブレター式だと、Gがかかった時にちゃんと燃料がいかずに息継ぎすることがあるので、自動車ではスポーツカー向けだったんですね。 それが1970年代に排ガス規制が厳しくなると、燃焼を最適化してクリーンな排ガスを出すため普通のクルマで採用されるようになります。 さらに燃費を良くするためにも燃焼を最適化する必要が生じたので、2000年前後くらいにはキャブレター式のクルマは無くなってしまいました。 それでもキャブレターの中身だけちょっと入れ替えてちんまりとしたインジェクター(燃料噴射器)を入れた簡易インジェクション車は2000年代前半くらいまで残ってます(ダイハツのEF-SE搭載車とか)。

e4WD(いーよんだぶりゅーでぃー)

日産が開発してマツダでも採用していた、簡易4WDシステム。 普通の4WDはエンジンから駆動軸を伸ばして4輪を駆動しますが、e4WDは駆動軸が通ってない方のタイヤ左右の間にモーターを仕込んで、必要な時だけ駆動させます。 そのためハイブリッド車やEVの一種のように思われる時もありますが、e4WDのモーターは厳密に言えば「走行」には使われません。 使用されるのはあくまで、加速時や低速走行時のスリップして前に進まないような状況を助けるためのもので、それ以外は何もしないのです。 そもそもモーター用のバッテリーは積まない上に出力も低いので、高速走行時のアシストにも使えないんですね。 それでも、4WD化を念頭に置かないで開発されたFF車(フロントエンジン前輪駆動車)なんかでは便利なので、昔の日産 マーチなど日産車やマツダ車の一部コンパクトカーで使われていました。 もうちょっと本格的な、ハイブリッド車の補助モーターとしても機能していたのがトヨタのE-Fourで、エスティマやハリアーのハイブリッド車に使われています。

EURO6(ゆーろしっくす)

EU(ヨーロッパ連合)加盟国に課せられた、とんでもなく厳しい排ガス規制。 段階的に引き上げられてEURO6まで引き上げられたのは2015年1月からなのですが、EURO6自体も段階的に厳しくなることになっています。 具体的には、単に規制を厳しくするだけではなく、測定方法も検査室ではなく実際に走行して計測するなど、メーカーがズルをできなくしているわけです。 おかげでヨーロッパの自動車メーカーは「このままではとてもこの先クリアできない」と悲鳴を上げている状態で、クリーンディーゼルや排気量を下げてターボで補助するダウンサイジングターボが発達したのはそのため。 それでもクリアが難しいということで、ヨーロッパの自動車メーカーは大きな岐路に立たされています。 フォルクスワーゲンの排ガス検査不正が無くとも、EV(電気自動車)化は避けられなかったはずですね。

EBD(いーびーでぃー)

Electronic Brake force Distributionの略で、電子制御制動力配分装置のこと。 自動車のカタログを見て安全対策欄にEBDと書かれてもよくわかりませんし、その日本語訳がわかっても結局何の略かわからない最たるもののひとつでしょう。 要するにABSの一種で、スリップしたタイヤのブレーキを緩めてタイヤのグリップ力(摩擦力)を回復させる操作を、前後別に、あるいは各輪別に操作する事でブレーキ力を最適化します。 そうしないと各タイヤのブレーキの効きがマチマチになってスピンしたりしますから、その危険を避けるための安全運転支援装置というわけですね。 昔ならハンドルやブレーキを微妙に操作してクルマの向きを保ったりしたものですが、最近だとこの手の操作はクルマが勝手にやってくれます。

次回

というわけで、次回も引き続き「E」です。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら