【クルマ略語】あなたは分かりますか?F1タービン、FCR、 FC3S、 FD3

F1(えふわん)

Formula1(フォーミュラ・ワン)の略…といっても、さすがにこの記事を見るような人でF1を知らない人はいないでしょう。 レース専用のフォーミュラカーと呼ばれるマシンで戦われるレースでは、そのサーキットにおけるトータル性能で「世界最高」のマシンによって戦われるもの。 単純にどれだけ最高速が出るか、という話であれば、アメリカのインディカーやフランスのル・マン24時間耐久レースに出るマシンの方が速いこともあるでしょう。 ただし、それが直線ばかりではなく連続するコーナー(カーブ)もクリアし、「どれだけ速く一周してくるか」という意味では、現在においてもF1マシンにかなうものは無い、そう言われています。 もっとも、英雄アイルトン・セナも含めた複数の死亡事故が立て続けに起きた20年少し前から「速いだけでなく、より安全に速く」という方向性に移ってきました。 それに対して批判的な意見もありますが、世界最高峰レースで培われたドライバーの安全を守る技術が、より下のカテゴリーの安全性にも生きるのであれば、大いに意義があるはずです。 そう、F1の下には国や地域によって名称は異なりますが、様々なフォーミュラマシンによるレースがあり、日本では上からスーパーフォーミュラ、F3、F4、FJなど。 基本的には下から上にステップアップしていきますが、いわゆる「飛び級」もあるので、若くしてF1レーサーになる人もいれば、日本人で言うとタキ井上のように年を取って営業力を身に着けてからF1ドライバーになる人もいます。 レースはお金がかかるので、単に速いだけではなく、いろいろな努力の結晶なんですね。

F1タービン(えふわんたーびん)

上記F1と関係がちょっとだけあり、1980年代のF1がターボエンジン全盛だった頃に開発された、当時としては最新技術だった、軸受けにボールベアリングを使った大型ターボチャージャー、IHI RX-6タービンのこと。 90年代に描かれた漫画なんかでも最上級のチューニングパーツとして登場することがあります。 何しろF1用に開発されたタービンがベースなので、レスポンスやブーストの伸びが良いだけではなく、耐久性にも優れていたので、ハイパワーとステージを選ばない扱いやすさを求めるなら高価でもブチ込んだ方がいいという決定版タービンです。 実際にはバブル崩壊で猛烈な不景気の中、そんな超高価パーツを使える人は限られていましたが。

FC / FD(えふしー / えふでぃー)

この記号はそれぞれ単体ならいろいろな略語にも使われていて意味はひとつでは無いんですが、「FCかFDか」などセットで使われた場合、あるいはロータリーエンジンやその搭載車の話をしていた時なら、間違いなくマツダ RX-7のこと。 2代目RX-7の型式がFC3S(ただしオープンカーのRX-7コンバーチブルだけはFC3C)、3代目RX-7がFD3Sなので、縮めて「FC」や「FD」と呼ばれます。 ちなみに初代の型式は「SA22C」なので、「SA」と言ったりしますね。 なお、ホンダ党がFDと言ってる場合は、FD2型3代目シビックタイプRのことを指しているかもしれません。 クルマオタクは会話のテーマによって記号や略称の意味が変わるので、注意しましょう。

FCR(えふしーあーる)


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら