【20代にオススメ!】おしゃれで割安な中古輸入コンパクトカー4選

20代の車選びに大事なことは?

近頃は収入以前に「車を持つ事自体に理由が必要」という時代です。 必要に迫られて経済性第一で選ぶことが多いと思いますが、どうせ選ぶならちょっと変わったものを提案したくなるものです。 価格が高すぎず実用性は低すぎず、たまに出かける用事で服や靴と同じようにオシャレにキメられる車と言えばどんな車があるでしょう?

落ち着いた雰囲気のルノー・ルーテシア

最近はどこのメーカーでも「アイデンティティ(個性)の強調」がデザインテーマのようで、つまりはパっと目でどこのメーカーの車かわかるのが重要になっています。 フランスのルノーもその例に漏れず、最近ではルノーエンブレムが新しい車ほど巨大化していき、そのうちエンブレム自体がフロントグリルになるのではと思うほど。 それなりにデザインとして成立してはいますが、ちょっと前のルノー車ではそこまで大きく無かったので、その時代の方がいいという人も多くいるでしょう。 ちょうどその時期のルーテシアは、現在では中古車相場でもかなり割安になっていますからまだ小さいルノーマークがさりげないオシャレのワンポイントとしてオススメできるかもしれません。 輸入車でドイツ車は避けたいけど…と思った時、身近なコンパクトカーとして選択肢に入れておくとよいでしょう。

ルノー ルーテシア 2010年式の中古車販売情報-sennaさんの車 | Ancar(アンカー)

フォルクスワーゲンらしからぬデザインが魅力なルポ

現在のフォルクスワーゲンで割安の車と言えばup!ですが、それ以前にはルポという車がありました。 ポロやゴルフとは違う丸目2灯のキュートなフロントマスク、軽自動車より一回り大きい程度のボディで取り回し良好なところなど免許取り立て女子にはオススメしたい車です。 小さいながらも「車種グレードに関わらず最高の安全性を提供する」というフォルクスワーゲンの方針で非常に安全性が高く、前席エアバッグはもちろんサイドエアバッグも装備しています。 このルポにもゴルフなどと同様「GTI」というスポーツグレードがラインナップされており、ワンメイクレースも開催されていましたがトヨタのヴィッツレースなどと同様にナンバーをとって公道走行も可能です。 つまり、レースをやっても行動を走れるほど耐久性にも優れているという証明であり、その意味も含めて安心して乗れる車と言えるでしょう。 日本ではあまり販売台数が伸びず、後継車フォックスが日本導入されないままルポの販売も2006年で終わったのは3ドアしか設定が無かったためですが、1~2名乗車がメインならば問題にならずかえって安く買える理由の1つとなっています。

安いイタ車ならフィアット プント


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら