代官山「モーニングクルーズ」主催者と対談!開催の秘話、隠された想いとは?

11月10日(日)代官山 T-SITEにてモーニングクルーズが開催された。この日のテーマは「1979年までのアバルト」。始まる前はかなり攻めたテーマかと思っていたが、開始時刻の午前7時にはテーマのアバルト車をはじめとした多くのクラシックカーが集まった。1979年に創業者カルロ・アバルトが亡くなるまでに生み出された小さくも過激な車が一列に並ぶ姿は圧巻だった。こちらについても沢山の写真を掲載した取材レポートを書いたので、ぜひともご一読ください。[第82回モーニングクルーズ | アバルトオーナーが語るアバルトの魅力とは 〜1979年までのアバルト〜

モーニングクルーズ主催者に想いを聞いた!

終了後、モーニングクルーズの主催者である清野龍太さんにインタビューを行った。清野さんは代官山 蔦屋書店クルマ・バイクコーナーで働く書店員、つまり本屋さんだ。本屋の仕事からはかけ離れたモーニングクルーズはどのようにして始まったのだろうか。

イベントお疲れさまでした!終えてみていかがですか?

テーマ車以外にも珍しい車が来ていたので自分個人として楽しかったです。ランチア・デルタS4、ラリー037やロシア・ワズのワンボックス…本では見たことがあるけど実際には見たことがなかったので。

アバルト以外の車もたくさん集まって、大盛況でしたね。

テーマの「1979年までのアバルト」はそんなに来ないという予想をしていました。開始した直後はやっぱりがらんどうで。「大丈夫かな?」とちょっと心配でしたがテーマ外の車が段々と集まってくれて良かったです。

本日のテーマですが、オーナーの後藤さんと相談して決めたと伺いました。お客さんと一緒になって考えているとは驚きました。

そうなんです。「お客さんに刺さるテーマって何だろう?」ということをお客さんと一緒に考えることも時々あるんです。

後藤さんの愛車「750ザガート」。“ダブルバブル”のルーフに魅かれて購入したそうだ。

テーマを決めるときに意識していることはありますか?

「自分たちが見たいかどうか」ですね。基本的に「思いつき」から始まります。クルマ・バイクコーナーのスタッフからの思いつき、お客さんからの思いつきですね。あるスタッフの「女性ドライバーの方にお集まりいただきたい」という思いつきが実現したこともあります。

売上げや集客といったことは意識されないんですか?

まずは来ていただきたいと思っています。というのもモーニングクルーズって最初はノンテーマだったんです。早朝は駐車場が空いている。それを見たお客さんが「だったら車好きで集まりたいね」と言ってくれたことがきっかけなんです。当時集まったのは20台くらいでしたね。だからテーマってそんなにカッチリ決めなくていいものだと思っています。

今でこそ毎月80台が集まる大きなイベントになっています。モーニングクルーズが広まった秘訣は何なのでしょう?

気軽さがウケたんだと思います。最初はノンテーマでしたし、駐車料金無料で誰でも参加できますからね。その気軽さがお客さん同士の口コミで広がったんだと思います。私たちもFacebookで告知したり数社から取材を受けましたが、それほど積極的に情報発信はしてきませんでした。

たしかに気軽さを感じました。特に司会進行があるわけでもなく、ただ車好きが集まったという雰囲気でした。気軽さ以外にモーニングクルーズでこだわっていることはありますか?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら