代官山「モーニングクルーズ」主催者と対談!開催の秘話、隠された想いとは?

11月10日(日)代官山 T-SITEにてモーニングクルーズが開催された。この日のテーマは「1979年までのアバルト」。始まる前はかなり攻めたテーマかと思っていたが、開始時刻の午前7時にはテーマのアバルト車をはじめとした多くのクラシックカーが集まった。1979年に創業者カルロ・アバルトが亡くなるまでに生み出された小さくも過激な車が一列に並ぶ姿は圧巻だった。こちらについても沢山の写真を掲載した取材レポートを書いたので、ぜひともご一読ください。[第82回モーニングクルーズ | アバルトオーナーが語るアバルトの魅力とは 〜1979年までのアバルト〜

モーニングクルーズ主催者に想いを聞いた!

終了後、モーニングクルーズの主催者である清野龍太さんにインタビューを行った。清野さんは代官山 蔦屋書店クルマ・バイクコーナーで働く書店員、つまり本屋さんだ。本屋の仕事からはかけ離れたモーニングクルーズはどのようにして始まったのだろうか。

イベントお疲れさまでした!終えてみていかがですか?

テーマ車以外にも珍しい車が来ていたので自分個人として楽しかったです。ランチア・デルタS4、ラリー037やロシア・ワズのワンボックス…本では見たことがあるけど実際には見たことがなかったので。

アバルト以外の車もたくさん集まって、大盛況でしたね。

テーマの「1979年までのアバルト」はそんなに来ないという予想をしていました。開始した直後はやっぱりがらんどうで。「大丈夫かな?」とちょっと心配でしたがテーマ外の車が段々と集まってくれて良かったです。

本日のテーマですが、オーナーの後藤さんと相談して決めたと伺いました。お客さんと一緒になって考えているとは驚きました。

そうなんです。「お客さんに刺さるテーマって何だろう?」ということをお客さんと一緒に考えることも時々あるんです。

後藤さんの愛車「750ザガート」。“ダブルバブル”のルーフに魅かれて購入したそうだ。

テーマを決めるときに意識していることはありますか?

「自分たちが見たいかどうか」ですね。基本的に「思いつき」から始まります。クルマ・バイクコーナーのスタッフからの思いつき、お客さんからの思いつきですね。あるスタッフの「女性ドライバーの方にお集まりいただきたい」という思いつきが実現したこともあります。

売上げや集客といったことは意識されないんですか?

まずは来ていただきたいと思っています。というのもモーニングクルーズって最初はノンテーマだったんです。早朝は駐車場が空いている。それを見たお客さんが「だったら車好きで集まりたいね」と言ってくれたことがきっかけなんです。当時集まったのは20台くらいでしたね。だからテーマってそんなにカッチリ決めなくていいものだと思っています。

今でこそ毎月80台が集まる大きなイベントになっています。モーニングクルーズが広まった秘訣は何なのでしょう?

気軽さがウケたんだと思います。最初はノンテーマでしたし、駐車料金無料で誰でも参加できますからね。その気軽さがお客さん同士の口コミで広がったんだと思います。私たちもFacebookで告知したり数社から取材を受けましたが、それほど積極的に情報発信はしてきませんでした。

たしかに気軽さを感じました。特に司会進行があるわけでもなく、ただ車好きが集まったという雰囲気でした。気軽さ以外にモーニングクルーズでこだわっていることはありますか?

“区別をつけない”ということですね。車というのは「持って、乗って、見る」ということが楽しさ。好きな車、好みではない車はそれぞれにあります。ですが本物だろうとレプリカだろうと、値段が安くても高くても、その人にとってはかけがえのない愛車ですよね。自分の愛車があるということがいかに素晴らしいかということが伝われば嬉しいです。

本以外でもクルマ・バイクの楽しさを教えてくれるのが代官山 蔦屋書店のいいところだ。

今日のイベントでもテスラとハコスカが並んでいたのが面白かったです。開始当初から“区別なく”行ってきたモーニングクルーズは今回で82回目でしたが、今までで印象に残っている回はありますか?

「この回が印象に残った」というよりは、テーマを決めて、テーマに沿った車が集まって「すごい!」となって。そうしたらテーマ外の車が来て「えー!」と驚くこともあって。その時のお客さんの驚いた顔を見るのが好きですね。
でもやっぱりレアなテーマのときにズラズラ集結するのは楽しいですよね。ディーノでも、2000GTでも。一車種だけが並んでいる光景なんてここでしか見られないですから。

今後やりたいことは何かありますか?

大きい会場で、っていうのはやってみたいですね。私たち主催で、ノンテーマで集まる。500台でも1000台でも、ただ単に集まってほしいです。お客さんによっては「年代ごとに並べて」「メーカーごとに分けて」とおっしゃる方もいらっしゃいます。ですがそうではなく、来た順に駐車させるんです。ブースやお店も開きません。そんな風景が見たいです。うちのスタッフ9人しかいないから…運営どうすんのって話ですけど(笑)

そしてモーニングクルーズは今後もずっとやっていきたいですね。今まで歩んできた軌跡もありますし。毎月開催してきて、この11月でちょうど7年になりました。開始から6,000台以上の車が集まりました。人が足りなかろうと何だろうと続けてきたことには意味があったと思います。今では「モーニングクルーズ」という言葉も知れ渡っているようですし、毎月第2日曜日というのも浸透してきたおかげで今日のような限定的なテーマでもたくさんの人が来てくれます。何だってそうですが、続けることが大切だと思います。

最後に、モーニングクルーズに興味を持っている人たちにメッセージをお願いします!

まずはフラッと来ていただいて、車は乗るだけのものじゃないってことを感じてほしいです。近年のモーターショーなどでは車は「乗るための道具」として紹介されることが多いですが、「アート」でもあると思っています。持つことに価値があって、それを大事に育てていくというのも一つの楽しみ方。性能や価格に違いがあっても車への気持ちに違いはないということが、モーニングクルーズへの参加で伝わればいいなと思います。

ありがとうございました!

モーニングクルーズは初参加、車初心者でも楽しめる!

筆者にとって車オフ会の参加は今回が初めてだった。モーニングクルーズを終えた率直な感想は「楽しい」、このひと言に尽きる。正直に言うと、筆者はそれほど車に詳しくない(同伴した社員は詳しいので取材は滞りなく行われた)。少なくともオーナーの皆さんの車についての知識・経験のほうが多いのは明らかだ。開始直前まで参加への不安があったのも確かだ。

それでも今は「来月も参加したい」と思っている。普段街で見かけることのないクラシックカーが続々と会場に入ってくる景色には心踊らされた。「車のことはまだまだ勉強中なんです」と伝えると、あるオーナーさんはアバルトの歴史を事細かに教えてくれた。またあるオーナーさんは「ここにいるほとんどの人たちと友達だから」と言って別のオーナーさんを紹介してくれた。第1回のモーニングクルーズからずっと参加してきた人もいれば、初参加だという人もいた。参加は2回目だが主催者の清野さんと古くからの友人で、今回のテーマ「1979年までのアバルト」を決めた人にも出会った。愛車についての話だけではなく、「奥さんに尻に敷かれている」なんていう笑い話で盛り上がることもあった。

代官山 蔦屋書店・モーニングクルーズはそうした出会いの場なのだと思う。車と出会い、人と出会う。車に詳しくなくても、出会った人から話を聞くことで車に興味を持つ。もっと知りたいと思ったなら、すぐそこに車に関する本がある。ちょっと寄ってみよう。

そうしてまた、新たな車と出会う。次のモーニングクルーズでの出会いが待ち遠しくなってくる。

清野 龍太(せいの・りゅうた)さん

代官山 蔦屋書店 クルマ・バイクコンシェルジュ

中学生の時に見たランチア・デルタ・インテグラーレに魅せられてクルマ好きとなる。クルマとバイクの専門書店であるリンドバーグに入社しバイクも好きの対象となり、代官山 蔦屋書店のクルマ・バイクコンシェルジュとなってからはモーニングクルーズを始めとして幅広くクルマとバイクのあるライフスタイルを提案し続けている。1978年生まれ。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら