新車に買い換えたい!けどお金が無い!そんな時どうしますか?

新車を買うためお金の準備

一般的に、新車を買おうと思えば以下のようなパターンでお金を準備すると思います。 ・貯金は十分!即金で支払います。 ・頭金程度はあるので、残りはローンで。 ・銀行など金融会社のマイカーローンでお金を借りよう! ・販売店から勧められた信販会社のローンを組もう! 最初の「全額即金」は何の問題も無く、この記事を読む必要も無いでしょう。 頭金程度の貯金がある人も、今乗っている車があれば、それを下取りに出すことで、ローンを組むとしてもそれほど支払いに悩む必要はありません。 しかし、頭金に回せる金額もわずかとなれば、最初からほとんどローンになります。 あるいは全額ローンで購入という人もいるのではないでしょうか?

お金が無くても車は買える?!

そのような人でも、車の購入自体は可能です。 ベストなのは銀行など金融機関のローンを組むことで、使い道は車に限定されませんし、購入した新車の名義も自分のものになりますから、その先カスタムを施したり、売却したとしても問題は生じません。 ただし、銀行など金融機関は社会的信用が大事ですので、現在勤めている会社への勤続年数や、現在その金融機関にどの程度の預金をしているかなど、かなりシビアな「査定」を受けます。 それ次第によっては高額低金利のローンを組むこともできるでしょうし、そうでなくとも組めるローンの範囲内で現実的に新車購入を行えば良い、とも考えられるでしょう。 問題は信販会社のローンで、購入する新車自体が担保になりますから車の購入自体はできますが、ユーザーはあくまで「使用者」に過ぎず、返済が終わるまで信販会社が「所有者」になります。 そうなると事故その他で担保価値が下がることもあれば、勝手に売却もできません。 信販会社のローンでも良いのですが、なるべく早く返済を終えられるよう、現実的なプランを立てるのが確実ですね。

新車のために今の車を売ろう!

今の車に加えて「増車」するのなら別ですが、大抵の場合新車購入は「入れ替え」になると思います。 そうなると新車購入時にどのような支払いをとるにせよ、現在の車をなるべく高く売れれば、それに越したことはありません。 車社会の中で生きていれば、新車が納車されるまで車が必要という問題もあるでしょうが、他にも「どうやって売るかによって売却金額が変わる」という問題もあります。 そこで新車購入店で下取り額を頑張ってもらえるよう交渉したり、買取専門店の一発回答で挫けず、「もう一声」が出ないか交渉して、少しでも高く売ることが必要です。 しかし、そもそも市場で価値が無く値段がつかない車なケースもありますし、価値があっても買取店やその先の販売店での仕入れや点検整備、販売に関する手数料も差し引かれて、思ったより高くはなりません。 そこで検討してもいいのが個人売買ですが、これも高額買取を狙えば狙うほど、「ちゃんとお金を払ってもらえると、相手を信用できるか」というリスクがあります。 また、どの方法をとるにせよ、信販会社のローンが残っている車は自分が「所有者」ではないので、勝手に売ることもできません。

少しでも高く、少しでもローリスクならAncarなど個人売買仲介業

そこで最近浮上しているのが、「個人売買による高価売却」を実現しつつ、個人間売買のリスクを低減してくれる、Ancarなどを代表とする個人売買仲介業です。 売り手と買い手、双方の個人間で仲立ちを努め、買い手にとっては査定などによる品質管理と確実な納車、売り手にとっては確実な入金を保証します。 もちろん売り手から手数料は取るので完全な個人売買より実質的な売却手取り額は下がりますが、売れた車は業者オークションや中古車販売店を介さず買い手にダイレクトに届きます。 そのため、業者を通しつつ手数料は最低限に収まり、新車販売店での下取りや買取専門店より高額買取が見込めるのです。 信販会社からのローンで購入した車の場合でも出品そのものは可能なので、買い手がついてから信販会社に売却額で残金返済可能なことを伝えて相談することも可能でしょう(ただし、その際の対応は信販会社によります)。

いかがでしょう? 新車購入のための元手に今の愛車を役立てたければ、少しでも高価買取、かつリスクも抑えた形で取引ができればベストかと思います。 個人売買と買取専門店のいいとこ取りのような新しいサービス、Ancarのような個人売買仲介業を一度は検討してみてもいいかもしれませんね。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買