あなたは好き?嫌い?レクサスの迫力アイデンティティ・スピンドルグリル

レクサス車の象徴、スピンドルグリル

逆台形の上部と、台形の下部を組み合わせ、ちょっと砂時計っぽいデザインとも言えるスピンドル・グリル。 2012年に4代目GS(日本では2代目)で初採用されて以来採用車種を拡大し、現在は全てのレクサス車に採用されているレクサスのアイデンティティ(個性)です。 もちろんそのデザインには好き嫌いがあるかと思いますが、ある意味「誰もが嫌わないデザインは、誰もが気にせず記憶にも残らない」というケースもあります。 その意味において、スピンドルグリルは間違いなく良くも悪くも人々の記憶に残るデザインだと言えるでしょう。 このスピンドルグリルを採用する前のレクサス車、採用が始まった頃のレクサス車、そして現在のレクサス車を比較してみると、その意味がわかるかもしれません。

スピンドルグリル採用以前のレクサス車

2011年以前の市販車には存在しなかったスピンドルグリルですが、その頃のレクサス車といえばどのようなイメージを皆さんは持っていましたか?

IS(2代目)はこんな感じで、スマートというより何かメリハリが足りないような気もします。

GS(3代目)も「そういえば先代まではアリストだったな」とは思いますが、だからこそレクサス車に変わったと感じるのに少し時間がかかった人もいるのではないでしょうか。

LS(4代目)に至っては、トヨタ時代のセルシオそのもののイメージでどちらにせよ間違いなく国産車最高級サルーンではありますが、「レクサス」と結びつけるにはちょっと弱い感じです。 確かに「これがレクサスだ!どうだ!」と迫ってくるようには思えないので、押し付けがましさは無い反面、ちょっと目を話すとどんな車だったか忘れてしまいそうになります。 人によってその良し悪しも変わりますが、この時期の「レクサス」がブランドを浸透させられず、悩んでいたことは事実です。

既存車に後付けを始めたスピンドルグリル

やがて4代目GSからスピンドルグリルが採用されますが、既存車種で当面モデルチェンジの予定が無い車種へもスピンドルグリルの採用が始まりました。 ただし、最初からスピンドルグリルを採用し登場した車種と比べると、どうしてもデザインの変更が最小限となり、せっかくのスピンドルグリルが活かしきれなかったケースもあります。 その典型的例が3代目RXで、ちょっと比較してみましょう。

3代目前期はIS同様、どこかメリハリが欠ける感じがします。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら