フィアット・クライスラーとVWが提携!?…VW側の反応とは

提携先を探し中のフィアット・クライスラーグループ

「理想のお相手探しのアプリ」なるものが自動車業界にも存在していたら、面白かったかも知れません。 というのも現在、フィアット・クライスラーグループ(FCA)が自社にふさわしい提携先企業を探している最中だからです。 最近のFCAは、重なる負債や品質評価の低下、さらにはディーゼルエンジンの排ガス不正問題など、抱える問題が多くなってきています。 そこで会社の建て直しを図るため、他の大手メーカーとの連携を考えているのです。 同社のセルジオ・マルキオンネCEOが目をつけているのが独フォルクスワーゲン(VW)であるとの報道もありましたが、これまで残念なことにVW側はFCAには興味を示していない様子でした。 しかし『オートカー』誌の最新情報によれば、その事態も変わってきているようです。

フォルクスワーゲンとは実は意外な共通点もあった?

FCAとVWの組み合わせが現実のものとなれば、これは非常に興味深いペアと言えます。 というのもVWグループのポルシェが、つい最近の品質格付けでトップに上り詰めている一方で、FCAは、品質評価の権威であるJ.D.パワー社および『コンシューマー・レポート』誌両方から、最低ランクの評価をもらっているからです。 こうしてFCAとVWを見ると、「出来の良さ」では正反対に位置するイメージも持たれそうですが、実は共通点もあり、双方とも排ガス問題では政府から厳しい目を向けられているという現状もあります。 つまりこれは、共通の問題を手を取り合って解決していく…というチャンスにもなるわけです。 さらにVWにとって、もしFCAを傘下に収めたなら、ヨーロッパ最大の自動車メーカーという地位を死守できることになります。 先日は仏PSAグループがオペルとヴォグゾールをGMから買収したことで、欧州の市場地図にも大きな変化が訪れているご時世であり、これも重要なポイントです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら