こんな自動車メーカーがあったのを覚えていますか?アルゼンチンの誇り、国民車トリノを作った「IKA」

インドゥストリアス・カイゼル・アルヘンティーナ

コトの始まりは1951年、アルゼンチン軍のサン・マルティン准将がアメリカを訪問し、祖国アルゼンチンで自動車生産に乗り出してくれるメーカーを探したことに始まります。 当時のアルゼンチンは自動車市場が未成熟、あるいは購買層が存在しないほど貧乏なのか、貧富の差が激しかったのかわかりませんが、ともかくほとんどのメーカーは誘致を拒否しました。 ただ1社、カイザー社を除けば。 カイザー社ことカイザー・フレーザーコーポレーションは、アメリカ自動車産業がビッグ3(GM、フォード、クライスラー)に牛耳られている状況に風穴を開けるべく、1945年に発足したばかりの新興メーカーでした。 そのためよく言えば小回りが効くというか、戦後日本でも三菱が同社の「ヘンリーJ」という小型車を生産しています。 アルゼンチンでカイザーの乗用車やトラックの生産が決まり、現地で実際に製造・販売する会社として設立されたのが、インドゥストリアス・カイゼル・アルヘンティーナ社、略してIKA社でした。

最初の生産車、カイザー カラベラ

まず生産ラインが立ち上がったのは、カイザー マンハッタン改めカイザー カラベラと名付けられたセダン型の乗用車で、革張りのシートや道路事情に合わせた強化サスペンション、その他内装の一部をアルゼンチン仕様に変更したものでした。 当時のアルゼンチンでは国営自動車工場で作られるジープくらいしか無かったので、カラベラは上流社会向けによく売れています。 ほかにもいくつかの乗用車やジープタイプのカイザー車を作りましたが、1960年以降はイタリアのアルファロメオ、フランスのルノーとも提携し、大衆向け小型車市場に進出しました。 そして1966年、ついにIKAによるアルゼンチンの国民車、トリノが誕生したのです。

アルゼンチンの誇り、国民車トリノ

カイザーがアメリカ本国で提携関係にあったAMC(アメリカン・モーターズ)の乗用車、ランブラー・アメリカンをベースに、IKAがオリジナルのボディパネルを貼り付けた「トリノ」がデビューしたのは1966年のころです。 ピニンファリーナがデザインした美しいボディは原型とは異なるイタリアン、つまりデザイン的にはまごうことなきラテンの血が流れているようなデザインで、その美しいボディラインはIKAの生産技術が決して低くないことも象徴していました。 プラットフォームはAMCのものを使っていましたがホイールベースは独自に延長され、あまり良くなかった道路事情に合わせてサスペンションを強化、エンジンはカイザーが開発した3.77リッター直列6気筒OHCエンジンのIKA国産版を搭載。 このアメリカ色を完全に払拭したヨーロッパ風乗用車には4ドアセダンと2ドアクーペ2種のボディが用意され、ほとんどの部品にアルゼンチン製部品を使った、まぎれもない国産車だったのです。

アルゼンチン国民車トリノ、ニュルブルクリンク84時間耐久レースで入賞!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら