愛してやまない美しい新型ホンダ シビッククーペ

北米発売が今春。日本で会える日はいつ?


これは走り屋にウケる!ホンダの新型シビッククーペ

公式の市販版もクールで、なにより!

ニューヨークで次期ホンダ「シビック」コンセプトがベールを脱ぎました。

それからというもの、そのスポーティーさやアグレッシブさが、そのまま市販モデルに反映されるよう、みんなが願ってきました。

ここで朗報です。

このたび、新型「シビック・クーペ」はほぼコンセプトのままにデビューすることが確定しました。

もちろん、コンセプトカーに特有の小さなミラーや、ブラックアウトされたグリル、それに大袈裟なリアウィングを除いて、の話ですが。

こういう装備に関しては、走り屋たちがオリジナルでドレスアップするに任せておきましょう。

さて、リアエンドは特に魅力的なデザインで、そのファストバック・スタイルには酔いしれてしまいます。

コンセプトカーのスタイリッシュなフロントデザインも、市販車に引き継がれることになりました。

車内に入ると、旧型モデルに比べて後席のレッグルームも広くなっています。

全体的に余裕が広がり、ファブリックや内張りも、ソフトタッチでより高級感があるものとなりました。

メーターパネルにはTFT(薄膜トランジスター)ディスプレイをオプションで採用し、7インチのタッチスクリーンディスプレイも選べます。

セダンの新型と同じく、パワートレーンに関しては2種類からチョイスが可能で、2.0リットルの直4エンジン(158PS・187Nm)、1.5リットルの直4ターボエンジン(174PS・220Nm)がラインナップされます。

トランスミッションはCVTで、マニュアル機能付きCVTもありますが、こちらは自然吸気である2.0リットル車でのみ選択が可能です。

また、エントリーモデルのLXからトップグレードまで、LEDのDRL(デイタイム・ランニングランプ)やアコースティック・フロントガラス、オートON・OFF機構付きヘッドライトといった装備が標準で設定されています。

(撮影はAlden Tatum。記事は、北米仕様についての内容です。)

 

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。