バッテリーが上がってしまった時の対処法

バッテリーは突然上がってしまう事もあります。

車を所有していると一度は経験をしている方も多いバッテリー上がり。

誰にでもバッテリー上がりは起こりえますので対処法を知っていると便利です。

実際の対処法を紹介していきます。

JAFに救援依頼をする

これはJAFにさえ加入していれば対処をしてくれるため、特別な知識や道具がなくても大丈夫なので安心。

ブースターケーブル

一般的に広く知られている対処方法はブースターケーブル。

このブースターケーブルを自分の車ともう1台の車をつなげてエンジンを始動する方法です。

手順は簡単、まず動かない方の車のボンネットを開けバッテリーの赤(プラス)端子を赤のクリップで挟みます。

そしてもう1台の車(救援車)のバッテリーの赤(プラス)端子を反対側のクリップで挟みます。

次にもう救援車のバッテリーの黒(マイナス端子)を黒のクリップで挟みます。

最後に自分の車の塗装されていない金属の部分を黒のクリップの反対側で挟んで準備完了です。
あとは、救援車のエンジンを始動させます。

5分ほどアイドリングさせ、自分の車のエンジンを始動させます。

もしそれでも始動できない場合は連続でキーを回すのではなく数分ほど間を空けてキーを回します。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら