どちらを買う?超小型モビリティと直接ライバルになりそうなクルマ

超小型モビリティは、どのように使われる乗り物か?

car by tagawa

未だに現実の規格として誕生していない超小型モビリティですが、それゆえライバルとなるクルマを考えるには「具体的に超小型車とは何か」を一度おさらいしておきましょう。

見出し編集【超小型モビリティー(暫定的な規格)】
動力定格出力8kw以下のモーター、または125cc以下のエンジン
全長3.4m以下(2.5m以下ならボディ側面のウィンカーは不要)
全幅1.48m以下(1.3m以下であれば、二輪車並に一部保安基準緩和)
定員2名(乗車のための装備があれば大人1人+子供2人も可)
最大積載量350kg
高速道路走行不可
車検無し

ボディサイズや積載量は軽自動車と同等まで可能で、車重の制限などはありません。
極端な話、現在の軽自動車のエンジンを超小型モビリティ規格のモーターかエンジンに載せ替えれば、そのまま登録できそうでもあります。

車重に対して動力性能が著しく不足しますが、最高速度が45km/hですから、平地以外は全く走らないという人なら、それでいいという人もいるかもしれませんね。

ただし、現実的に登り坂など地形を選ばず走行しようと思えば軽自動車の最低600kg台あるボディはちょっと重すぎます。

実証実験でも山間地の集落間移動に使う人も多かったので、ある程度の登坂性能、そして天候の変わりやすい場所ですから、ある程度雨風がしのげる事も求められるでしょう。

そのため、実証実験に使われるのは、実際には一回り小さいミニカー規格で作られた軽いクルマで、短距離の集落間移動や買い物、通勤に使う用途で自動車より簡便で購入費や維持費が安い個人用の乗り物という事ですね。

従来その用途で簡便な個人用と言えばオートバイや原付自転車ですが、それより耐候性が高いという意味合いにもなります。

 

トヨタi-ROADをはじめとする超小型モビリティの実際の走行映像はこちら

一番比較対象になりそうなのは、やはり軽自動車?

そうした用途、ことに耐候性まで考えた場合は軽自動車が一番のライバルでしょう。

最近は軽自動車も快適性や積載性、趣味性などで高付加価値をつけた高額モデルが増え、100万円以下のモデルはだいぶ減りましたが、それでもひたすら安価なモデルは今でもあります。

それぞれ最低価格の例を挙げると、

【ダイハツ】

車名価格
ハイゼットトラック65万3,400円
ミラバン74万571円
ミライース76万6,286円
ハイゼットカーゴ92万5,714円

スズキ

車名価格
キャリイトラック68万4,720円
アルトバン69万6,000円
アルト84万7,800円
エブリイバン92万3,400円

ホンダ

車名価格
アクティトラック79万円

上記のように「100万円以下で新車が買える軽自動車」があるので、その中でも諸費用や冬用タイヤなどを含んでも100万円を超えそうに無い、ミラバンやアルトバン、ミライース、各種軽トラがライバルになりそうです。

2シーターながら積載時の走破性で勝る軽トラ

このうち、超小型モビリティと同じ2シーターと言えば軽トラです。

最近は軽トラも燃費や高速巡航性能を求められているので、軒並みDOHCエンジンを搭載してパワフルですから、走行性能は比べるまでもありません。
何しろ高速道路も走って長距離移動ができるわけですから、都市間交通にも使えます。

さらに、超小型モビリティも軽トラも規格上の最大積載量は350kgですが、公式に謳っているわけでは無いものの軽トラは1t程度までの過積載に対応しているとも言われ、実際よほどの悪路をフル積載で走ってもビクともしない頑丈さは、軽トラならでしょう。

超小型モビリティで軽トラ相当のクルマを作るとしたら、悪路や急斜面は走らず、最大積載量を制限するために荷台も小さくなるのでは無いでしょうか。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら