ポルシェ911はRRなのになぜレースで速いのか?

RR(リアエンジン・リアドライブ)の代表車と言えるポルシェ911。現代ではスポーツカーなどの部類はFR(フロントエンジン・リアドライブ)MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)が主流で、大半の車はフロントエンジンなのに、なぜポルシェは今もRRレイアウトを続けているのか?RRレイアウトの911はなぜレースでも速いのか?

今回はその理由を詳しく解説していこう。

そもそもRRレイアウト車とは?

RRとはリアエンジン・リアドライブ(Rear Engine・Rear Drive)の頭文字の略語で、後輪の真上もしくは後輪よりも後ろにエンジン搭載して、後輪を駆動させる方式のこと。重いエンジンが後ろにあるということになるのだ。

なぜポルシェ911はRRレイアウトなのか?

遡ること約60年前、ポルシェ911は1964年にポルシェ356の後継モデルとしてデビューした。
1956年からスタートした356の後継車開発プロジェクト(現911)はフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェを中心に進められ、356は当初2シーターであり、2年後には補助席としてリアに2座面追加されたものの、室内が狭かったことから室内スペースを広く取るためにホイールベースを延長し、2+2シートを確保するという目的で生まれたのが現911である。

レースではRRレイアウトは特殊な運転技術が必要??

サーキットを走る上において、RRレイアウトにはメリットもデメリットもある。RRは冒頭でもお伝えした通り、後輪に重いエンジンがある。それを踏まえて読んで頂きたい。

例えば、メリットとして重いエンジンを武器に加速時は荷重がリアタイヤに掛かりやすくトラクションが稼げる。そして、コーナリング手前に差し掛かった時に思いっきりブレーキペダルを踏みつけ荷重を一気に前方向に集めていくとブレーキング中の姿勢変化で重い荷重が掛かったリアタイヤからフロントタイヤへ荷重移動をし、前後タイヤの荷重バランスが均等化され、タイヤ4輪の制動力を発揮させる事によって、911のようなRRの車は短い距離で減速が可能となる。

逆にFRなどは、フロントタイヤ2本に大きく荷重が掛かっているため2本の制動力を使って減速しているのでRRよりも減速までの距離が長くなる。そのためRRは、コーナー手前で他車よりも少しブレーキを遅らせる事ができて差を詰められる事になる。しかし逆にフロントエンジン、フロントヘビーなFRとは違い、前のめりの荷重が小さく、しっかりフロントタイヤに荷重を掛けないとアンダーステアとなりコーナーを曲がれない。しっかりと前荷重を掛け、その状態をキープしつつコーナリングを開始し、向きが変わったところで今度はアクセルオンで常にリアタイヤにトラクションを掛けてコーナーを駆け抜けて行くのだ。

この時リアにトラクション(荷重)が掛かりやすいRRはコーナーの出口付近では他車よりも有利となる。ただし911のようなRRは他車(FR)のようにアクセルを抜いて前荷重状態のままコーナリングし続けるとあっという間にスピンする。

感の良い人はピンと来たかもしれないが前荷重のままコーナーを抜けていこうとすると今度は重いリアエンジンが遠心力で振り回されるからだ。この矛盾をバランスよくコントールする技術が必要となる。

CTA画像
お店より高く売れる個人売買のAncar

出品無料でカンタン査定!まずは試しに出品してみよう

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら